【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

クロールと順位決定

Googleは、公に頻繁にクロールさせたからといって、そのページの評価が上がることはないと発表しています。1回のクロールで新しいものを発見しなかったら、そういったページのクロール頻度を下げ始めるかもしれないとも言っています。ですので、大きなサイト修正などした場合にはGoogle search consoleでクロール申請したほうがいいですが、小さな修正の度にクロール申請を出すのはあまり意味がないように思えます。

さらに、大規模なサイトをクロールしてサーバーが遅くなっていることにロボットが気付くと、クロールするページの数を減らすように自動的に制限をかけることがあるそうです。また、ページランクが高いページはクロールされる頻度が高い傾向にあるようです。内部リンクを修正したりしてクローラビリティを高めて無駄なクロールをさせないようにするなどはいい対策ですが、頻繁にgoogle search consoleでクロール依頼をしても順位決定には影響しないという事です。

格安SEO対策のTOPページへ戻る