【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

モバイルサイト表示速度

 Google が現在のモバイルサイト表示速度で遅かった場合どの程度悪い影響をユーザーに与えているかを調査して結果を発表しました。「サイト表示までに3秒以上かかると、53%のユーザーは離脱する」「表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇」などです。

このことからスマホやモバイルサイトは表示速度が遅いとすぐにユーザーは離れていってしまうことが確信できます。ページの表示速度を速めるにはさまざまな施策があります。Google が推奨しているのはページの軽量化です。3G通信では、1.49MBのデータをロードするのに7秒かかるそうです。画像とテキストを圧縮するだけで、かなりの容量の削減が可能です。そうえいばWEBの学校でもスマホサイトは画像容量を極力圧縮することを習いました。

今後はSXOの視点からも絶対にスマホ、モバイルサイトのスピードを気にしなくてはいけません。最重要項目です。

格安SEOのTOPページへ戻る