【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ユーザーファースト

Googleが上位表示したいサイトは検索ユーザーの意図に合致したサイトです。そういったサイトを作らなければいけないのですが、どうやって作ればいいのか・・・・。ちょっと前は、キーワード対策をしていれば何とかなったが、今ではキーワード比率を何パーセントページに入れればいいとかそんな対策では全く歯が立たない感じがします。例えば、リンクがかなり少なくてもコンテンツがしっかりしていて上位表示しているサイトもありますし、これはあきらかにGoogleに検索キーワードと合致しているサイトだと認識されている証拠です。時代はますます被リンク獲得の外部対策からコンテンツ重視の内部SEOへとシフトしています。検索ユーザーの意図を知るには、それなりのWEBマーケティングが必要です。まずは、そのキーワードの上位表示サイトを研究します。そして、サジェストワードで共起語を読み取る。検索ボリュームも参考にして検索キーワードのユーザーは何を欲しいのか追及してユーザーファーストのサイトコンテンツを作るしかないのです。GoogleのアルゴリズムもSEO(検索エンジン最適化)からSXO(Search Experience Optimization)はユーザに対しての検索体験最適化に移行しつつあります。
よって、ますますSEOの内部対策が重要になってきますのインデックス数を増やすことはもちろんユーザビリティに配慮したサイト構築のユーザーファーストが求められる時代となってきました。

格安SEOのTOPページへ戻る