【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO対策費削減で経営破たん?

こんな記事目に留まりました。

「アーウィン女性探偵社」経営会社が破産 SEO対策費の削減が裏目に

東京商工リサーチによると、「アーウィン女性探偵社」を経営していたアンエージェンシーが3月22日、横浜地裁に破産を申請した。負債総額は約1億2000万円。広告宣伝費の負担が重く、コスト見直しでSEO対策費を削減。同業他社との競争が激化する中、SEO対策にコストをかけなかったことが、かえって受注機会の減少を招き、業績不振が続いていたという。
推測するに、SEO対策費を削減したので受注機会が減少したというより、SEOで恐らく上位表示ができなくなって受注機会が減少したのは間違いないかと思います。これは、SEO費用を減らさなかったら順位が下降しなかったのか実は不明で、最近SEOの順位を大幅に落としてしまっているお客様からのお問い合わせが増えています。
キュレ‐ションサイト問題を受けてGoogle日本法人が行ったアップデートの影響がかなり大きいと感じています。特に昔からSEOに取り組んでいたWEBサイトで下落下降があります。原因は外部リンクです。外部リンクに対する審査がかなり厳しくなっています。こういったWEBサイトにはたしてSEO対策費用を増やしたところで上位表示するのでしょうか。費用というよりそのSEOを対策するSEO業者の実力にかかっているのが現実かと思います。今後、こういったサイトを救済できる本当に実力のあるSEO業者だけが生き残る時代になっているかと思います。