格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ユーザーの行動結果とSEO

Googleのアルゴリズムがユーザーの行動結果(サイトへの訪問、滞在時間、直帰率)がSEOの順位に影響するかどうかは、昔から注目を浴びていましたが、やはりGoogle の公式見解では、順位決定にはこういったデータを使っていないとの事です。弊社のSEOセミナーでもそのように生徒さんたちに伝えています。しかし、Googleのミューラー氏は、アルゴリズム評価のための情報としてそういったクリックのデータを確かに私たちは使っている。検索結果と検索順位に関して、常に私たちは本当に実験している。実験に対してユーザーがどんなふうに反応するかを調べることが実験をやる方法の一部だ。とも語っています。

さらに、Google Brain(グーグル ブレイン)といって、AI を専門に研究・開発する部署が Google にはあるので、例え、今、SEOの順位決定要素になっていなくともこのAIの進化によって、直帰率の高いサイトなどは評価を下げるような時代がやってくる気がします。そもそも、ユーザビリティの高いサイトにすることはSEOで大切なことです。

例え、SEOの順位決定要素に含まれていないと言ってもユーザーの行動分析をしてWEBサイトを少しでも改善していく努力は必要かなと思います。

格安SEOのTOPページへ戻る