【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

Whois情報とSEO

様々な噂や憶測でおそらくGoogleは、Whoisに登録された情報も見ていると言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。論理的に考えればWhois情報がすべて違うドメインからの被リンクがすべて違う所有者なのでそれにこしたことはありません。それよりもすべてWhois情報が同じドメインからの被リンクはどうなのでしょうか。Googleは、ドメイン所有者が変わると履歴をリセットするとは言っています。弊社でもこのリセットはだいたい1年くらいオールドドメインでサイトを運用すると適用される事例が多数確認できています。
期限切れドメインの取得などで、ドメインの所有者が変わったときにはそれまでのドメイン履歴がリセットされるというのも、GoogleがWhois情報を参照している証拠かもしれません。しかしながら、Whois情報を変えても、なんら順位に影響を与えなかったという事例もたくさんあります。Googleが、ドメインの履歴をリセットするのに、Whois情報をたとえ参照していても、他のさまざまな要因をチェックしていると考えられます。さて、先に述べたWhois情報が同じドメインからの被リンクの効果は本当のところどうなのか。今のところ”ある”と言っておきます。

格安SEOのTOPページへ戻る