【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

JavaScriptとSEO

JavaScriptが多用されたサイトを検索フレンドリーにするにはどうすれば良いのか。最新のJavaScriptが使われたサイトも数多存在する中で、この課題は、SEO対策を担う人を悩ませています。単なるHTMLであればクロールからインデックスの流れを考慮すれば済むのですが、JavaScriptの場合、間のレンダリング処理にも注意しなければなりません。レンダリングは数分で完了することもありますが、長ければ1週間を要することもあります。これではインデックスされるまで相当のロスが生じてしまい、SEOの成功を妨げかねません。

そこでダイナミックレンダリングが薦められます。端的に言えば、レンダリングを省いてくれる手段です。ユーザーに対してはHTMLとJSを送り届け、そのレンダリングはクライアントが実行します。他方、クローラーには予めレンダリングしたHTMLを返す仕組みです。このプロセスにおけるプリレンダリングでは、PuppeteerやRendetronが利用され、ユーザーエージェントに合わせたHTMLが返されます。コンテンツを頻繁に投稿しているようなサイトでは、このダイナミックレンダリングは功を奏するでしょう。更新のたびにクローラーにレンダリングさせてしまえば、検索結果への反映は相当遅れてしまうからです。また最新のJavaScriptを使用している場合も、ダイナミックレンダリングが強く薦められます。理由は単純で、グーグルでもレンダリングできないからです。さらにSNS等でも、ダイナミックレンダリングは有効です。SNSの検索はJSをレンダリングできないため、たとえ検索結果として表示されても、タイトルや画像が上手く反映されないことが多いのです。

ところで技術者の中からは、クローリングとレンダリングとの統合が構想されています。また、WRSとChromeのバージョンに起因する不適合を減じるための施策が叫ばれています。
 

 

格安SEOのTOPページへ戻る