【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

リッチリザルトテストツールとコードスニペット

従来のリッチリザルトテストツールはURLを入力して実行する他ありませんでしたが、近い将来、コードの入力でも検証することができるように変わります。つまり公開前のサイトを検証することが可能になるのです。元々コードスニペットによる検証は、構造化データテストツールで実行していました。しかし今回の改良で、リッチリザルトテストツールでも実行できるようになったのです。但し、リッチリザルトテストツールが対応している構造化データには限りがあります。それは、求人、レシピ、コース、テレビ・映画、イベント関連のサイトであるということです。

確かに一部のサイトに限られる点は残念なのですが、リッチリザルトテストツールへのコード入力は、別種の検証を目的として実行することができます。それは、「レンダリング」の検証です。JavaScriptを多用したサイトであれば、このレンダリングの検証は欠かせません。検索フレンドリーなサイトを構築するための必須作業だからです。しかもレンダリング後のHTMLコードまで返してくれるため、大変便利な機能が実装されることになります。

レンダリング後のHTMLコードは、リッチリザルトテストツールに入力するコードが構造化データでなくても、きちんと返されます。例えば、JavaScriptが含まれた部分のコードのみを入力しても、レンダリング後のHTMLを確認することができるのです。これが意味するところは、開発段階でも、検索エンジン処理の実際を知れるということです。そして、開発者がコード入力と同時に、修正しながら検証することも可能なのです。

このコードスニペット検証機能は現在テスト段階にあり、公開は来年になるだろうと予測されています。
 

 

格安SEOのTOPページへ戻る