【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ライブ配信中の動画

これまではグーグル検索結果にライブ配信中の動画が表示されることはありませんでした。この事実は技術者に限らず、世間一般に広く認識されているところでしょう。ライブが検索結果に反映されるわけはないと。しかしその仕様は変わって、赤い「liveマーク」を伴って、「videos」の一覧に上がるようになっています。この仕様変更に寄与したのは、構造化データとIndex APIでした。ライブ配信であると検索エンジンが認識するには、まず「videoobject」を要します。そしてライブ配信を示す「broadcastevent」を作成します。ここまでが構造化に当たります。次に、動画をクロールさせるためのindexing apiが求められます。こちらは必ずしも必要ありませんが、ライブ配信であるという性質上、逸早くクロールさせなければならず、利用した方がよいでしょう。因みにグーグルでは求人検索にも、indexing apiを用いています。

さて、こうした準備は大切ですが、グーグルの考えるライブ配信とは何であるのかをきちんと押さえておくことも大切です。グーグルが挙げているのは以下の通りです。「スポーツ中継」「授賞式の中継」「インフルエンサーのライブ」「ビデオゲームのライブ」・・・。これらと同類のライブ配信をコンテンツとして保有しているのであれば、その構造化データを実装することには大きな意義があるでしょう。逆にグーグルの想定するライブ配信とは性質が異なる場合、実装する必要もありません。自社のコンテンツがどちらに分類できるか分からなければ、急がずに時勢を追うのも手かと思われます。
 

 

格安SEOのTOPページへ戻る