【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ツールの紹介

ウェブサイトの反応が遅ければ、ユーザーが離れてしまうのは自明です。最近はモバイルユーザーが大半を占めるサイトが増えており、モバイルサイトの高速化をめぐって、担当者の頭を悩ませていることでしょう。しかし時間を浪費することは叶わず、パフォーマンスを改善できるツールについて、担当者は最低限の知識を獲得しなければなりません。ここでは最新のツールをご紹介しますが、その下準備として、先ずは計測対象となるメトリックスをご説明します。

メトリックスとして重要なのは、First Contentful Paint、Time to Interactive、First Input Delayの3つです。FCPはページの主たるコンテンツが完全表示されるのに要する時間です。TTIはインタラクティブまでの所要時間、FIDは入力応答時間です。いずれもサイトのパフォーマンスの中核であり、無視するわけにはいきません。

さてツールの紹介ですが、Lighthouseはグーグルのオープンソースであり、且つ最高の計測ツールです。Lighthouseは最も有名な計測ツールでありながら、改良に余念がなく、最新バージョンにおいて、PWAのチェック項目、UI、スコアリングの区分け、プリセットラベルを変更しました。オープンソースであることから他社のツールに組み込まれることも多く、Lighthouseのレポートが搭載されたサードパーティ製のツールも人気を博しています。計測ツールは他に、PageSpeedInsights APIが知られています。Chrome user experience reportから出されるフィールドデータを統合してくれるので、大変有用です。

最近は特に、エンジニアやグーグルがパフォーマンス改善を勧めています。大手サイトもこぞって取り組み、例えばSpeedCurveをパフォーマンスバジェットの管理に利用しているところもあります。
 

 

格安SEOのTOPページへ戻る