【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

noscriptとlazyload

lazyloadが推奨される以前は、構造化データとnonscriptタグでインデクシングするのが主流でした。Lazyloadとpolyfill、IntersectionObserver APIさえあれば、これらの方法は捨て去っても良いのでしょうか。実は構造化データもnonnscriptタグも、依然として重要な手段であり、一番望ましいのは併用することだと思われます。

グーグルはSigned HTTP Exchangesが機能した検索システムを開発しています。この検索方法によれば、AMPページもキャッシュURLではなく、ドメイン名のURLを表示してくれます。但し、ブラウザはchrome71以降でなければなりませんし、チャンネルもchrome Beta以降に限られます。実際に検索するとメッセージが表示され、ウェブパッケージングに従っていることが分かります(因みにSigned HTTP Exchangesはウェブパッケージングの一機能です)。そしてアドレスバーにはサイトの本アドレスが現れ、これまでのようなキャッシュURL(googlle.comに始まる)ではないことが見て取れます。

Signed HTTP Exchangesは通常、証明書さえ取得できれば、後は自前のサーバーで構成、管理することができます。そのためにはSigned HTTP ExchangesがパッケージしたキャッシュをAMP側のサーバーに送る必要があり、グーグルが提供しているAMP Packagerを用いて実行します。これらの作業を自力で遂行できなければ、CDNに頼るほかありません。Clouflareがサポートしており、興味のある担当者は問い合わせてみるとよいでしょう。

Signed HTTP Exchangesの利点はデジタル証明書の技術であり、認証プロセスも厳格です。データの改ざんを心配する必要も無く、またなりすましである可能性も低いため、安心して利用することが出来るのです。AMPキャッシュは相応するキャッシュサーバーから配信されますが、Signed HTTP Exchangesによって、本来のサーバーから配信されていることが保証されるため、アドレスバーに本URLを表示させられるというわけです。
 

 

格安SEOのTOPページへ戻る