【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

直帰率

直帰率と呼ばれる概念をご存知でしょうか。
これはウェブサイトへのユーザーのアクセスの内、そのサイト内をサーフィンせずにすぐに離れてしまったケースの割合を指します。当然直帰率が高ければ高いほど、ユーザーのそのサイトに対する評価が低いことを意味しますから、検索エンジンとしても相応の評価に留めようとします。

一方、ユーザーの滞在時間が比較的長いサイトは高く評価される傾向にあります。
しかし注意したいのは、必ずしも直帰率が高いからと言って、有用なサイトでないとは言えないということです。

例えば、トップページに知りたい情報が簡潔に記述されている場合は、ユーザーは満足した状態で直帰することになります。そのようなケースも直帰率としてカウントされるため、一概には直帰率とサイトの質に関連性があると断言することは難しいのです。

 

さて、SEOはコンテンツの質を高めることも重要な施策の一つですが、「優れたコンテンツとはどのようなものか」というのを具体的にイメージできる人は少ないでしょう。イメージできるようになるには、まず、ライティングの基本を身に付ける必要があります。

ライティングの鉄則は、ユーザーと検索エンジンの目線を意識しながら記述することです。
そもそもSEOは検索結果への表示を目的とするわけで、それはクロールとユーザーの行動によって決まります。ですから両者に対してバランスよく目配せすることが大切なのです。

検索エンジンに傾注してユーザーのことを疎かにしたり、逆にユーザーの目線を気にする余り、検索エンジンに嫌われるコンテンツを製作したりしてしまうのは禁物です。前者の例としては、キーワードを詰め込み過ぎて、人が読んでも不自然な文書としか捉えられないコンテンツ等が挙げられます。

 

 

格安SEOのTOPページへ戻る