【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

テキスト位置の重要性

クローラーを意識したライティングにおいて、テキストの位置は重要です。

クローラーは、テキストデータの全てを平等に読み取るわけではなく、差別化を図っています。
つまり重視する順位というものが存在するのです。
具体的には、タイトル、見出し、本文の順に重要であると考えられます。
ですからキーワードを使いたいのであれば、まずはタイトルに使用することを考えなければなりません。

 

タイトルはキーワードを入れ込んでも、あまり長くならないように作成します。
短い方がSEO的には有利に働きます。
しかし短すぎて意味が理解できなかったり、重要な情報が欠けていたりすると、本末転倒になってしまいます。何事もバランスが大切です。

タイトルの文字数に決まりはありませんが、上位にランキングされているサイトのタイトルとして多いのは、30文字前後以内です。
モバイルの事情は少し異なりますが、それでも30文字に収められれば、問題ないはずです。
もちろん30文字を超えても表示されることはあるのですが、その場合は超過部分が省略されるため、ユーザーに対して不親切な見え方になってしまいます。

 

見出しはhタグで記述しますが、構造を間違えないように注意します。
この構造はクローラーにも認識されるので、ページ、サイトの構造を決定することになります。

必然的にh1タグはページに1つ使うのが理想的となります。
そしてh2タグ以降に本文を記述することになります。

もちろんhタグにもキーワードを入れ込むことはできるので、可能であればキーワードや関連語を用いましょう。
自分で思い付かない時は、共起語等を調べられるツールも存在します。
 

格安SEOのTOPページへ戻る