【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

テキストに関するルール

見出しであるhタグにはキーワードを積極的に入れることになりますが、それ以外にも、段落の初頭付近に使用するのが理想的です。
文章の中でも、クローラーは初頭部分を重視する傾向にあるからです。
クローラーは最初の文をリード文だと認識しているのです。

また、マークアップは忘れないように心掛けます。
つまりHTMLによる構造の説明です。
クローラーはタグを単なる文字列ではなく、構造を理解する手がかりとして認識しています。
ですから見出しのタグ、段落のタグ、箇条書きのタグ、引用のタグ、リンクのタグ、画像のタグといった具合に、細かく説明してあげると検索エンジンの読解が捗ります。

 

本文の記述において注意したいのは、代名詞をなるべく使用しないことです。
検索エンジンは、「これ」「あれ」といった曖昧な表現を嫌います。
人であれば、代名詞が何を指しているのかは、文脈から容易に判断できるのですが、検索エンジンにはそこまでの能力がまだありません。
従って、多少は重要語を繰り返すことも求められます。もちろん多すぎるのはよくありません。自然に思えるだけの分量までにセーブしましょう。

本文は長文になるわけですから利用しない手はありません。
長い文章の中に、多くの関連語を自然に散りばめることが出来るはずです。

 

ユーザーがある事項に関心を抱いて検索行動に走った時、使われる検索語は多様です。
ですからテーマが決まっていても、検索語を特定することなどできません。
うまく特定し使用することが出来れば、ロングテールSEOを期待することが出来ます。

もちろん専門用語も積極的に使用しましょう。
専門用語の解説は、余力があれば別ページで行うようにします。

共起語についても、出来る限り散りばめるようにします。
連想語なので思いつくままに書いても構いませんが、専用ツールで調べるとより正確さが増します。

 

 

格安SEOのTOPページへ戻る