【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO担当者が念頭に置くべきこと

SEOは、ネット上の潮流を正しく読み取ることも肝心です。

最近とかく言われるのは、デスティネーションファーストを重要視する傾向です。
ディスティネーションというのは英語で「行き先」だとか「目的地」などの意味合いを持つ単語であり、SEOにおけるデスティネーションファーストというのは「利便性等のためにも、目的となる情報への導線を優先すべきだ」という考え方の施策となります。
諸々の状況をふまえると、このような情報収集の利便性の追求は、今後も続くことだろうと予測されます。

既にデバイスも多様化しており、パソコンに加えてスマートフォンが市場を席捲しています。
既にスマートフォン(スマホ)は一般化しています。
そして将来は、今以上にスマートフォンによる閲覧を主軸にSEO対策するのが常識となっていることでしょう。
ですが現時点ではパソコンに比べて足りない点もあるのがモバイル端末によるネット接続であり、サイトの表示も同様に進化の余地があります。
速く表示させるのはもちろんのこと、小さい画面でも瞬時に判別できるようなユーザビリティが求められます。

さて、検索エンジンの評価タイミングも、SEO担当者が念頭に置くべき事項です。
SEO対策した優れたサイトを製作しても、検索エンジンのクロールが遅れれば、それだけ無駄な時間が発生します。
そこで、サイトの更新を検索エンジンに伝える必要が生じてきます。
検索エンジンは常に自社サイトの周囲をクロールしてくれているわけではありません。
任意のタイミングで出現し、情報収集した上で、インデックスを作成しています。
ですからサイトを更新したタイミングで、サイトマップをグーグル側に送信する必要があるのです。
これをインデックスへの登録と呼びます。
この送信の際に気を付けたいのは、サイトを一纏めにして送信してしまうと、それだけインデックス登録に時間が掛かってしまうという点です。
更新した箇所が一部なのであれば、当該ページのみ送信した方が、より早く登録することが出来ます。

 

 

格安SEOのTOPページへ戻る