【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

モバイル端末とSEO

検索エンジンの評価対象は、遂にモバイル向けサイトにも及びました。モバイルファーストインデックスと呼ばれるシステムが開始されて以降、モバイル使用者の使い勝手を意識したサイトかどうかも評価されるようになったのです。

簡単に言えば、SEO担当者は、文字サイズやフォントにまで気を配らなければならなくなりました。では実際、グーグルが示すガイドラインでは、どのような推奨が見られるのでしょうか。例えば、適切なフォントサイズ、そのサイズとの違いで表現する際の定義、ブラウザで表現される行の高さ、ビューポートの設定等が挙げられています。これらのガイドラインを遵守した上で、モバイル向けサイトを構築することが、効果的なSEOとなるのです。

ところで元々モバイル端末での閲覧を意識していなかったサイトについては、どのように対処すればよいのでしょうか。実は自社サイトをモバイル対応に変えることはそれほど難しくありません。文字サイズや文字間を調整すれば、自然とモバイル対応に変わるのです。因みに大手のツールを利用すれば、初めからモバイル対応のサイトを制作することが出来ます。ワードプレスについても、設定次第で可能となります。具体的には、プラグインを利用するか、もしくはレスポンシブウェブデザインに対応させるかを選択すればよいのです。

自社のサイトがモバイル向けかどうかどうしても分からなければ、グーグルのモバイルフレンドリーテストを利用する手もあります。このテストで分かるのは、文字サイズやタップの適性です。適切でないと判断されれば、親切にも改善点を指摘してくれます。リストアップ形式ですから、それらを参考にして再度構築してみましょう。

格安SEOのTOPページへ戻る