【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

かつてのSEO対策

SEOに関しては、一般的によく言われていることが全て正しいとは限りません。

なぜなら検索アルゴリズムが日々進化しているからです。

SEO対策というのはすなわち検索アルゴリズムへ最適化することをさしています。
その対象であるアルゴリズム自体が変わるたびに、それに応じた施策が必要となるため、SEO対策も必然的に変わっていかなければなりません。

ですが最新のSEO対策を熟知している人はそう多くないことから、一般的に話題になる内容はどうしても「かつて有効とされていたSEO対策」となってしまいがちになるのです。
もちろん中には現在も有効な対策もありますが、ものによって「今となっては効果が出ない、むしろ逆効果になる対策」というのもあるため要注意です。

 

ここで幾つか、過去に有用とされていたSEO対策についてご紹介します。

 

まずリンク付けに関してですが、「リンクの数は多い方が効果的だ」と言われていました。
今では「リンクの数自体はそれほど重視する必要はない」という考え方が主流です。ここ数年で状況が変わったと考えられるのです。

リンクは今や量よりも質を高めることが大切になっており、リンクされた両サイトの内容がきちんとマッチングしているかどうかが問われています。つまり無関係なサイトにリンク付けされても、それが検索エンジンの評価に繋がることは無いのです。

もちろん自分で付けたのでない限り、思わぬサイトからリンクされることもあります。その場合は、瞬時に「無関係だ」と判断するのではなく、リンク付けの行動心理をよく分析しましょう。そうすることで、自分のサイトに興味を持ってくれたユーザーの心理をよく理解することが出来ます。

 

次にドメインについてですが、ドメインはオーソリティのあるものが、長らく評価されてきました。しかし今はそれほどドメインに影響されないと言われることが多くなっています。

たとえその種のドメインを有するサイトが高く評価されたとしても、それはドメインに起因するものではなく、あくまでも長年更新されているコンテンツへの信頼が招いていることであると認識したほうがよいでしょう。古いドメインのサイトであれば、必然的に長く運営されていることになるからです。

 

格安SEOのTOPページへ戻る