【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

グーグルアプリ

SEOは検索エンジンの進化につれて、大きく変化しています。2019年現在、SEOのためのスキルは幅広く展開されています。例えば、ランクブレインと呼ばれるAIも知られるようになりました。グーグルの検索アルゴリズムはAIを使用していることは有名ですが、それをランクブレインと呼んでいるのです。ランクブレインは検索語から、ユーザーの本当の目的、隠された心理を読み取ることが出来ます。ですからランクブレインを介して返された検索結果は、想像以上にユーザーを満足させるものとなるのです。ユーザーの検索意図をより絞ってその意図に通じるコンテンツを作成できれば、成功への近道となります。

さて、グーグルアプリについても、2019年はSEO業界で注目される年になるでしょう。グーグルアプリは記事を選ぶ能力がありますが、その基準はグーグルアカウントの動向だと言われています。つまりAIを介してパーソナライズを踏まえているのです。例えば当該サイトを何度も閲覧している人は、自身のアプリ上でそのサイトの記事を目にすることになります。ブランディングがきちんとできれば、コアなユーザーをターゲットとしてSEOを図ることが出来るのです。その仲介役として、グーグルアプリが活躍するということです。ブランディングは今更言うまでも無く、企業にとって、そして企業が所有するサイトにとって、極めて重要な施策です。情報が氾濫している現代だからこそ、差別化、ブランディングが生きてくるのです。

 

 

格安SEOのTOPページへ戻る