【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

AIを利用したアルゴリズム

Googleのガイドラインによれば、悪質なSEOに対してペナルティが課された場合、当該サイトの運営者は違反箇所を修正した上で、再度審査を依頼しなければなりません。そしてこの審査で合格しなければ、検索結果の上位に再びランキングされることはありません。ペナルティの種類や重さは多様で、キーワードにしか課されないものもあれば、ページ全体、サイト全体に及ぶものもあります。Googleから指摘されても一向に修正に応じないページ、サイトは、最終的にインデックスから削除されることになります。

Googleのアルゴリズムは、2015年にランクブレインが登場してから大きく進化しました。検索結果はリンクやコンテンツの内容が影響しますが、アルゴリズムがこれらを正確に読み取ることで、検索エンジンの信頼性は保たれています。つまりアルゴリズムが不調であれば、検索結果はいい加減なものになってしまうのです。Googleは当然ながら、アルゴリズムの中身を詳らかにすることはありません。しかしコンテンツの内容が重視されているのは周知のごとくです。ランクブレインはAIを利用したアルゴリズムでコンテンツを深く理解することが出来ます。しかも機械学習によって、刻々と進化しています。

コンテンツの質を完璧に測定するには、AIが人間レベルの読解を成し遂げる必要があります。しかしそのレベルには達していないため、機械でも分かる測定基準を設けています。その一つが、共起語です。共起語とは、キーワードから連想される言葉の群で、その位相は様々です。構成要素、種類、並列、エリア、固有名詞等に当たる言葉は、いずれも共起語になり得ます。この共起語の頻度等を計測することで、検索エンジンはコンテンツを読み解いているのです。

格安SEOのTOPページへ戻る