【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO上位表示サイトの特徴

アルゴリズムが重視する基準は、Googleの戦略として詳らかにはされていません。しかし傾向を分析すれば、ある程度特徴が浮かび上がってきます。例えば、「情報を網羅している」のは間違いありません。上位のサイトほど、多くのユーザーを満足させることのできるカバー力を発揮しています。また、上位のサイトはキーワードが自然な形で用いられています。つまり、単にワードを詰め込んで製作したようなサイトは、検索エンジンから高く評価されることは無いのです。そこまで深く読めるのが現代のアルゴリズムですから、サイトに対する監視と共に、ユーザーの行動心理も分析しています。ユーザーの検索意図を探ることで検索結果に反映されるものは少なくありません。

裏を返せば、SEOの担当者も、こうしたユーザーの意図を踏まえて対策を練る必要があります。検索意図はGoogleの各種ツールや検索結果画面から推測することができるので、それらを参考にしてコンテンツを組み立てればよいのです。元々SEOは、キーワードを散りばめたり、リンク付けしたりすることに特化した施策でした。しかし近年は、アルゴリズムの進化につれて、真に役立つコンテンツを作成することが、最も効果的なSEOであるとも言える状況に近付いています。テキストコンテンツに関しては、量と質を高めることが有効であるのは、今更説明するまでも無いでしょう。しかし初心者には簡単な施策ではありません。プロのライターであっても、SEOに対応した文章を構築できるとは限りません。大事なことは、検索エンジンに好まれる文章、コンテンツの特徴を頭に入れた上で、オリジナリティの高い記述を心掛けることです。

格安SEOのTOPページへ戻る