【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

UIとUX

UI/UXとSEOとの関係は、まだGoogleは回答していません。

しかしながらユーザーの滞在時間が長く直帰率が少ないサイトは順位が上がっている傾向が弊社の調べであります。

画像の多いサイトは珍しくありませんが、それだけではSEOに影響することはありません。但し、不自然に多ければ、Googleの読解能力を超えてしまうことがあります。いかに内容の優れたサイトであっても、クロールしてもらえなければ意味がありません。また写真が多いと必然的にブラウザ表示も遅くなってしまい、間接的にSEOに影響することは考えられます。では逆に画像が全くないページはどのように評価されるのでしょうか。実はこの種のサイトも注意しなければなりません。テキストのみで構成されていると、ユーザビリティが下がってしまい、閲覧者に嫌われてしまうからです。長い文章を読むのはユーザーにとってストレスでしかありません。やはり適切に画像を配置することが求められます。

また、サイトの表示スピードですが、Googleが発表するところでは大いに関係しています。現時点でスマホの表示スピードにはサイト間で溝がありますから、早く施策するだけで、他社のサイトを出し抜ける可能性があります。例えば数秒以上表示に掛かるようなサイトは、スマートフォンのユーザーから嫌われてしまいます。サイトの速度は各種ツールで簡単に測定できるので、自社のサイトに適用してみましょう。これは、AMP化がいい施策です。AMPについてはこちら

 

格安SEOのTOPページへ戻る