格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

キーワードと共起語、類似語

SEO対策で成功するにはキーワードの選定を考えなければいけません。キーワードの反映方法において、文脈と共起語という概念が注目されています。共起語というのは対象のキーワードと一緒に使われやすい言葉のことです。たとえば、「カメラ」を検索するときに「ピント」「シャッター」「撮影」「写真」といったものが共起語と呼ばれるものです。この共起語というのを適度に入れたほうが自然な内容で、検索エンジンに高い評価をうけることができます。「カメラ」そのものよりも「ピント」や「撮影」という言葉を使ってみるほうが効果が出るケースもあります。ハミングバードというアルゴリズムは文脈を理解できるといわれています。文脈理解の精度は常に進歩しています。グーグルで検索するのにも意味は同じでも検索の語句によって検索結果が違うということもあります。例えば「一戸建て」と「一戸建」では検索順位が違い、検索件数も違います。検索している方としては、どちらも同じだと思っていても検索エンジンの方が同一と認識していません。よって、サイトコンテンツ一つをとってみても対策ワードに関する類似語や共起語をたくさん使ったほうが良いです。

 

格安SEOのTOPページへ戻る