格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

比較系コンテンツを作成する

比較系のコンテンツを作成する場合、その記事がユーザーにとって便利な「ツール」であり「ユーティリティ」であるかを考えなければなりません。そのためには、比較系のコンテンツがユーザーにとって便利な「ユーティリティ」として機能するために必要となる要素を知ることが必要です。

この要素は「検索を行うユーザーにとって利便性の高いコンテンツ」ともつながるものとなるようです。では、ユーザーにとって便利な「ユーティリティ」として機能するために必要となる6つの要素を例と一緒に紹介していきます。

  1. 検索を行ったユーザーが知りたい情報を、どのサイトよりも的確に返しているサイトである。【例:検索したもののスペックが他のWebページで情報収集を行う必要がないくらい詳細に書かれている】
  2. ユーザーが抱えている「質問」や「悩み」・「疑問」に関してどのサイトよりも「先回り」して回答しているサイトである。【例:ユーザーが商品の比較等を行う際に「疑問」や「質問」や「悩み」が発生する可能性を考慮し、先回りして回答している】
  3. 検索を行っているユーザーの知りたい情報に関してどのサイトよりも素早くアクセスする事が可能なサイトである。(利便性が良い)【例:どこにどんな情報が書かれているのかがすぐに分かるように配置してあり、情報も整理されている。「ページ内リンク」等が上手く張り巡らされており、ページ内の移動がしやすいようになっている。場合によっては利便性を高めるために、複数にまたがるページをあえて1ページにまとめているものも多い。】
  4. どのサイトよりも「わかりやすく」・「見やすく」情報の発信を行っているサイトである。【例:難解な表現を使用するよりも、誰にでも分かりやすい簡単な表現を多く使用することでユーザーの脳になるべく負担がかからないようにしている。文章の行間や文字のフォントにも配慮している。】
  5. どのサイトよりも信頼できるサイトである。【例:このコンテンツを作成したのは誰なのか等、「話し手」の存在を明らかにし、そのうえで「この記事に書かれていることは、なぜこう言えることなのか?」といった理由を分かりやすく明確に伝えている。】
  6. どのサイトよりも新しいコンテンツや情報を掲載しているサイトである。【例:何か商品情報等の更新があった場合には、どのサイトよりも早くその商品情報等の更新を行い「そのサイトを見に行けば最新の情報を得ることが出来る」というような認定をユーザーから貰える程にする。】

この6つの要素は憶えておいたほうが良いかもしれません。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る