格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

わかりやすいURLにするメリット

シンプルなURL構造は、ページの内容を推測しやすく、ユーザーにとってもわかりやすいということからGoogleでも推奨しています。シンプルなURLは、検索エンジンがページを見つけやすくし、運営者にとっては管理しやすいというメリットがあります。

そのため、SEO(検索エンジン最適化)では、URLの構造にも配慮する必要があります。たとえばWordPressでは、番号付きのURLが生成されます。このままでも別に問題はありませんが、URLのメリッ卜を最大限生かすため、デフォルトで生成される“番号”を“具体的なキーワード”等わかりやすいURLにします。

シンプルなURLのメリットとしては、「何についての情報が書かれているか判別しやすい」、「ユーザーに覚えてもらいやすい」、「管理しやすい」という3点が挙げられます。

覚えやすいURLは、メールやSNSで共有されやすくなります。多くの人に共有されたいのであれば、URL構造はシンプルにした方がよい、という結論になります。

なお、GoogleではURLで文字間を区切る場合に「_ 」(アンダーバー)ではなく、「-」(ハイフン)を推奨しています。アンダーバーを使用した場合、つながった1つの単語として認識されるためのようです。Webサイト運営者の中には、URLのディレクトリ部分やファイル名を日本語に設定している人もいます。

日本語を使用しても差し支えないのですが、問題点がいくつかあります。たとえば、日本語を使用したURLを作成すると、Chromeなどのブラウザでコピーし、メールやSNSで貼り付けると、ピュニコード化(国際化ドメイン名で使用される文字符号化方式)され、アルファベット、数字、ハイフンのみの文字列に変換されてしまい、とてもシンプルなURLとは言えなくなってしまます。

メールなどに張付ける際にも、何のページであるか判別できないですし、文字数も増えてしまいます。URLに日本語のキーワードを含めやすいという、SEO上のメリットはありますが、実際にはそれほど大きなランキングシグナルではありません。

キーワードを含めたURLの、順位への影響は微々たるものなので、全ページのURLにキーワードを含めて修正する必要はありません。順位よりもユーザーの利便性を第一に考え、わかりやすいURLを使用した方が結果的には、Googleの推奨するユーザーの使いやすさに資することとなります。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る