格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

コンテンツの質向上がSEOの基本

コンテンツの質を高めることが、最終的にはSEO(検索エンジン最適化)に沿った施策となります。Googleでも、検索結果の表示順位を決めるうえで重要な要素として「ユーザーの検索キーワードにあった」「質の高い」「被リンクが自然獲得された」コンテンツを挙げています。

そのうちの一つにもなっていることから、SEO上重要なのは、間違いありません。では、どうすればコンテンツの質を向上できるのでしょうか?一口に、「質の高い」と言っても、いろいろ解釈があります。そこで、まず、この「質」の定義をはっきりさせておく必要があります。

一般的に言われているのが、情報の「多様性」「専門性」「独自性」という三つを備えていることです。いずれも文言から、おおよそのイメージはつかめると思いますが、ここで簡単に説明しておきましょう。多様性は、ユーザーの検索クエリから、考えられるいろいろな視点で情報が開示されている、ということです。

これは、検索クエリにもよりますが、汎用的なキーワードであれば、ユーザーの意図がつかみきれない段階では、必須要素になるでしょう。専門性は、検索ユーザーのレベルにも依りますが、その分野での上級者には必須でしょう。自分の周りで知っている人が少ないと思えるようなことが書かれていれば、そのサイトにまた訪問してくれるでしょう。

最後の独自性は、他には見られないオリジナルな情報が記載されているかどうかということです。単に、“情報量が多い”だけではオリジナリティは生まれません。3要素のうちで一番重要かつ達成が困難なものといえるかもしれません。

コンテンツで優先する質と量

ブログでSEO(検索エンジン最適化)を行う場合には、コンテンツの「質」と「量」をどのように考えておくべきか述べたいと思います。これは、前提としてWebサイトの“性質”によるということをまず考慮しておく必要です。

頻繁に情報が更新される分野のWebサイトでは、それなりの量のコンテンツが必要です。常に最新情報が求められる「ニュースサイト」などは、その代表例でしょう。この種のサイトでは、幅広いジャンルで“早く”、“正確”に、が求められるため、それなりの量のコンテンツが必要となります。

速報性が要求されかつ“最新”の情報が展開されていないと、ユーザーは離れていってしまいます。一方、検索エンジンは、何かを漠然と調べるという目的に利用されることが一般的です。専門用語などを盛り込み体系的にわかりやすく解説されたコンテンツが好まれます。

たとえば、あるテーマの全体像をつかめるような記事や、地道に時間をかけて調査された独自性のあるコンテンツなどは、ユーザーから評価されるため、結果的に検索エンジンの評価にもつながっていきます。

WebサイトやSNSで参照されたり、シェアされたりすることで、多くの人に見てもらえ、一層評価が広まっていきます。

質の高い記事を大量に揃えたブログであればベストですが、これには時間がかかります。まずは「質」を優先したコンテンツを作り、その上で少しずつ地道に「量」を増やしていくというのがオーソドックスなやり方ではないでしょうか。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る