格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ページ表示速度を早くする

とある海外の調査データでは、「消費者の47%はWebページが2秒以下で表示されることを望む」、「1秒の遅延で7%のコンバージョンが減少する」と示されています。

また、モバイルユーザーに関しては、表示速度がユーザーの行動に影響することがわかっています。最後までコンテンツを見てもらえるように、可能な限りWebページの表示速度を高速化することが望まれます。

2018年7月Googleはすべてのユーザーを対象に「スピードアップデート」のロールアウトが開始されました。ただし、影響されるのは「ユーザーに本当に遅い体験を提供しているページについてのみ」影響され、その遅さに応じた段階的適用とのこと。つまり、「遅い=評価が下がる」のみならず「遅くなればなるほど評価も下がる」というもの。

ただ、表示スピードよりもクエリとの関連性の方がもっと重視されることに変わりはありません。魅力的で検索クエリに関連性が高いコンテンツは、多少表示速度が遅くても高い順位で掲載される可能性も残すものです。

いずれにしても、表示速度は速いに越したことはありません。そこで、改善するにあたってどのような項目があるかを確認するために、まずはGoogleの提供する「PageSpeed Insights」にて、現状を分析する必要があります。実質的な改善には、技術的な知識も必要となるため、制作会社や技術的な知識を持つスタッフに確認しながら、改善に取り組む必要があります。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る