格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOとファクトチェックについて

ファクトチェックというのは、公開前の情報の真偽をメディアがチェックしたり、公開後の情報の真偽を第三者期間がチェックすることをいいます。2008年のアメリカ大統領選挙以降に、メディアの発信する情報の真偽に議論が高まってきたようです。

グーグルの検索結果にも、ファクトチェックのラベルが付与されるようになっています。フェイクニュースに関連した検索品質向上プロジェクトも進んでいます。ファクトチェックというのは、第三者機関がチェックするものです。グーグルが真偽を保証するということではありません。

とはいえ、フェイクニュースが拡散するといったことを防ぐには効果はあるといわれています。こういった情報の正確性は、グーグルだけではなく多くの大手のメディアも注目しています。ウェブで情報を発信するということに責任を持って当たるべきです。

情報自体に、毒性をもたせるというのに、決まりはありません。また、どのような形で独自性をもたせるかというのも、サイトのテーマや運営者によって大きく変わっていきます。どのようなスタンスで、自分のサイトを運営するか。ユーザーにどのような独自価値を提供できるかを考えていくべきです。

そして現在、ウェブ上には様々な情報が氾濫しています。情報に信頼が置けるかどうかが、ユーザーには価値の1つとなっています。SNSが隆盛です。このSNSは間違った情報の拡散も急速になったともいえます。

情報を公開する前の真偽に慎重になることはとても大切です。また、検索結果のサジェストキーワードや強調スニペットから、不適切な検索結果のフィードバックを送ることも可能となっています。不確かな情報にはくれぐれも惑わされないように。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る