格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOとソーシャルメディアポリシー

SNS活動で、従業員のプライベートアカウントでのSNS活動のために企業のブランドを毀損するケースが度々起こります。従業員にもSNSでの禁止事項を徹底すべきといえます。

個人が発信力を持つ現在、SNSの保つ力の良いところと悪いところへの対応力も求められます。どれだけOGPをきれいに設定してSNSボタンを設置しても、記事そのものが共有を促す力がなければ、ユーザーはシェアしてくれません。

まずは価値のあるコンテンツを作成することが大切です。また、対象ユーザーにあわせて、SNS上でのアクションを取るというのも重要となります。ビジネスパーソンであれば、7〜9時、18〜22時の通勤時間帯や12〜14時のランチタイム、24時前後の就寝前といった時間帯が反応率がたかくなるといわれています。

金曜日の夕刻は飲み会などで反応率が低くなるそうです。子育て中のママなどもまた違った時間帯になります。実際の反応率をモニタリングしてPDCAを回すことが求められます。

SEOというのは内部施策と外部施策で完了するわけではありません。施策の効果検証、改善点の把握、問題検知といったことをするために、モニタリングも重要となります。

URL,ドメインの変更といったこと、コンテンツシンジケーションなど、特殊なケースへの対応も求められます。基本点にモニタリングというのは、SEOが関与する検索からCVまでのプロセスを対象とすべきです。

SEOは検索エンジンから集客して、ウェブサイトでの購入や申込みなどのCVを目的にしています。ユーザーの検索がすべての起点となります。どれだけ優良なページでも、検索ボリューム以上に表示されることもクリックされることもありません。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る