格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

同義語をうまく活用しよう

あるキーワードとその「同義語」で検索してみると、まったく同じ検索結果になるとは限りません。「歯医者」と「歯科医」を例にすると、「歯医者」のほうは地域別でカテコライズしたポータルサイトが上位に位置し、一方「歯科医」のほうは歯科医師会のページなどが上位に表示されるという、大きく相違する場合もあります。

Webサイトの運営者としては、自身のサイトを同義語でも検索されるようにしておきたいところです。そのための対策としては、「ユーザーの使用頻度が高い単語に統一する」か「不自然とならないように同義語をページで織り交ぜる」という2通りの方法が考えられます。

「歯科医」と「歯医者」の例では、「歯医者」のほうがよく検索されているため、Webサイト内の言葉は「歯医者」に統一してもよいでしょう。ただし、現時点ではGoogleの同義語の扱いは完璧ではないため、どちらのクエリもカバーしておきたい場合は、両方をページ内に含めることもあります。

ページ内に同義語を含める場合、たとえばあるキーワードとその同義語を1つの文章中で交互に使用したりすると、不自然な文章になってしまいます。そうならないように、同義語を含める場合は段落を分けて、同義語であることを説明するなど、自然でわかりやすい文章を心がける必要があります。

実際は2つのクエリで、検索ユーザーの意図が異なっている場合もあるかもしれません。たとえば「歯医者」の場合には患者が、「歯科医」の場合は歯科医師や医療関係者が検索している可能性があります。そのような場合は、Webサイトを見てほしいターゲット層に絞って、1つの用語に統一するという考え方もできます。

もちろん、両方のターゲット層を狙いたいのであれば、検索意図にマッチしたコンテンツを、それぞれ作成するという方法もあります。SEO(検索エンジン最適化)において同義語を使うメリットは、「さまざまなパターンで検索されやすくなる」ことですが、デメリットはユーザーを混乱させるような文章になりがちなことです。コンテンツの質を重視するならば、用語は統一したほうが読みやすくなります。

数年先を考えると、検索エンジンの改良によっては同義語解釈の精度が高まる可能性が高いので、検索頻度の高いクエリにフォーカスして、用語を統一していくほうが無難でしょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る