格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

代名詞はロボットには理解できない!?

SEO(検索エンジン最適化)を考えたWebライティングには、一般的な作文術が適用できない事がよくあります。検索エンジンのロボットにも検索ユーザーに対しても「価値ある」コンテンツと認めてもらうため、文章の構成上できるだけ結論を前にもってくることが良いと言われるのもその一つかもしれません。

また、文章中に数字を使用する場合、その理由を直後に付けるようなHTMLでの記述もある面では同様と言えるでしょう。更に、接続詞の使用を極力控えた方がいいというのもWebライティングならではと言えるでしょう。というのは、検索ロボットには、代名詞という言葉を判断できないからに他なりません。例えば次のような文章がそうです。

「<p>東京スカイツリーは、世界各国から大勢の観光客が訪れます。ここは、2012年5月に開業した施設です。</p>」という記述で使用されている代名詞「ここは」は省略しても、意味は通じます。

このように省略しても、文意上問題ないと考えられるときは出来るだけ省いた方がいいでしょう。ただし、次の点で注意が必要です。ロボットに極力アピールできるキーワードなどを使って文章は簡潔を心掛けること。

またその時は同一キーワードの多用は避ける。できれば、主要キーワードに関連する言葉(例えば共起語というような)を使って、両方を満足できるよう工夫してみる、など考えて文章を書いていきましょう。

これらを踏まえて前記の例文を見直してみましょう。「<p>東京スカイツリーは、世界各国から大勢の観光客が訪れる、2012年5月に開業した電波塔でもある施設です。</p>」とするといいのではないでしょうか。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る