格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

会話型検索に答えるページ作成

以前は、Googleの検索サイトで「○○県の県庁所在地」と入力すると、コンテンツの各ページ内タイトル等に「○○県の県庁所在地」というキーワードが含まれるページが検索順位で上位に占められていました。

 

ところが2013年「ハミングバード」と呼ばれるアップデートで検索エンジンのアルゴルズムが大きく様変わりしました。特徴として、「会話型検索」の能力向上が第一に挙げられています。先の入力例で言うと、「(○○の県の県庁所在地である具体的な)都市名」が検索結果として返ってくるような検索結果が得られるというものです。

もう一つ実際に近い具体例を示すと「ボールペンの購入ができる近くの場所?」と検索した場合、「その言葉が入ったサイト」を検索順位に上げるのではなく、位置情報を取得しつつ近くにある「実際の販売店の情報」が結果として挙がってくるようなものと言われています。

 

当然のごとく意図としては、今までのキーワードが含まれるページを評価することから、検索意図に沿った「答え」が含まれているページへの評価基準移行が挙げられています。

つまり、利用ユーザーにとっては、知りたいと思っていたことがストレートに検索結果として上位にランクインされてくることで、より一層「知りたい疑問点」などにいち早く答えを探してくれる、まさに検索順位にダイレクトに影響を及ぼすというユーザーにとって有難い変革であると言えるでしょう。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る