東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2020年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

海外SEOの準備

海外SEOを行う際、サーバを別の国に置くことも選択肢ですが、やはりその国に置いた方が良いです。その場合、国コードトップレベルドメインを取得することになります。国コードトップドメインとは、日本では「ドットジェイピー」と呼ばれているものです。このドメインで検索エンジンはサイトが対象とする国を知ることが出来ます。

サイトのターゲット層の国にサーバを置き、ドメインもその国のものを取得しましょう。こうした準備も必要です。ただ一つだけ注意したいのは、マイナーなドメインにしてしまうと、ドットコムよりもアクセス数が減る可能性がある点です。無難なドットコムで統一するとよいでしょう。

さて、海外におけるSEOの特徴ですが、重視するのはコンテンツを充実させることです。アジア圏で主流な外部リンクが、効かない場合もあります。日本でもそうであるように、最近では海外もコンテンツ対策が主流なのです。

例えば、アメリカでサイトを運営するのであれば、Google.comに対して対策をする必要があり、フランスであれば、google.frが検索エンジンになります。日本で、対策をする場合、間違えて、Google.co.jpの検索順位でキーワードを設定してしまうと実際の流入ユーザーとは全く違ったワードを対策してしまっているということもあります。必ず、その国のキーワードの月間検索件数とその国の検索エンジンにあった海外SEOの施策をしましょう。東京SEOメーカーでは、各国での検索エンジンにあったSEO対策が可能です。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る