格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

スパム行為は百害あって一利なし

故意にSEOのスパム行為(迷惑行為)をする人は少なくなりましたが、気づかないうちにスパム行為をしていませんか。SEO(検索エンジン最適化)において、スパム行為に対する知識は大事なものとなっています。

それでは、まず「スパム行為」にはどのようなものがあるのか、続いてスパム行為を故意・無意識にしてしまった時どのようなしっぺ返しがあるのか、最後に、どうすればスパム行為とならないようにできるのか、順を追ってご紹介します。

こでは、スパム行為はGoogleで言われているペナルティ対象となるもののうち技術的な知識を必要としないものに限定して説明します。

一つ目として、“質の悪いコンテンツ”となる、自動生成されたコンテンツが挙げられます。具体的には、あちこちのコンテンツから、無断でコピペして組み合わせたようなコンテンツ、機械翻訳された内容をそのまま張り付けたようなコンテンツ、機械的につくられた意味不明なコンテンツ、などがあります。

二つ目に、SEO目的に作られた不自然に見えるリンクプログラム、三つ目が背景にちりばめられた同色のテキストやフォントサイズを極力小さくしてテキストを散りばめた隠しテキスト、同一内容を地名だけ変更して各地域ごとに作成された誘導ページ、キーワードを不自然に繰り返したり乱用したりする手法、等々です。

このような、無意識でも故意と判断されそうな行為は、スパム行為と判断され、無料で提供されているツール“Search Console”を設定している場合は、Googleより通知が送られ対応を怠ると、評価をダウンされたり、無効にする等のペナルティが科されます。

Googleは、スパム行為をユーザーのためにならない行為として、アルゴリズムによる対応や手動による対応で厳しく対処しています。一度スパム行為と判断され、対策が講じられた場合、修正後再審査を依頼するなど、時間と労力を費やすことになってしまいます。

以上スパム行為は検索エンジン登場の頃は、裏技的に行われていたようですが、現在では、公表されている“Googleのウェブマスター向けガイドライン”を遵守し、ユーザーにとって有益となる“コンテンツの質向上”に努めることが、最良の対策となります。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る