東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

サイテーションの意味とSEO効果

 

サイテーションとは何か、どのように増やすのか、調査方法や注意すべき点はあるかなどをご紹介いたします。

サイテーションとは
サイテーションサイテーション(Citation)とは、引用や言及を意味する言葉です。
SEOの外部対策としては被リンクが有名ですが、実はサイト名やURLが言及されるだけでもSEO効果はあります。
引用や言及されることをサイテーションといい、2018年~2019年頃から盛んに話題に上るようになった施策です。サイテーションはGoogleマップの検索やローカルSEOで用いられていると考えられています。

SEO対策をする上で必ず話題に挙がるのが良質なコンテンツの作成と外部リンクの獲得ですが、2019年ころからはサイテーションが特に重要視されているという見られています。

リンクによる成果は以前から知られていましたが、リンクのついていないテキストにサイト名やサービス名が使われることでSEO効果が見込めます。

特にMEO(Map Engine Optimization:地図エンジン最適化)と親和性が高く、2020年以降のSEO対策では必ず手を打っておくべき施策です。

サイテーションの多さは文献価値と比例する

学術論文や専門的な書籍では参照や引用とも呼ばれるサイテーションですが、一般に論文や書籍の世界では参照数が多いほど文献としての価値が高いと判断されます。

Googleの検索エンジンの根幹もこれと同じ考え方をしていると推測され、言及数が多いほど価値のある記事だと判断されます。これは被リンクでもそうでしたがサイテーションでも同じことがいえます。

被リンクとサイテーションの違い

被リンクとサイテーション被リンクとサイテーションは似ていますが全く異なるものです。被リンクはテキストや画像から自サイトにアンカータグ(<a href=””>)によりリンクがついているのに対してサイテーションはリンクがついていません。

上図のリンクとサイテーションの例ではどちらも「SEO対策を任せるなら東京SEOメーカーがおすすめ」という文章ですが、リンクがついているかどうかが異なります。

 

また、良いリンクを貰うことで短期的に成果を出すことも可能ですが、サイテーションは一般に長期戦略になりますので短いスパンで考えることはできません。徐々に浸透させることで結果的に効果が出るものという判断が必要です。

主にサイト名やサービス名、サイトのURLのみが掲載されることになりますが、2019年頃のコアアップデート後の検索結果を見るとサイテーションの有無が検索順位と強い相関があることがわかっています。

サイテーションのSEO効果

サイテーションにSEO効果があることはGoogleは明言しておりません。しかし、傾向的には検索順位とサイテーションの多寡には関連があることがわかっています。第三者に自社サイトが取り上げられるということは、評価を受けていると言えるからです。Googleは評価を受けているサイトを上位表示したいのです。

他の施策にもいえることですが、内部と外部リンク以外のところでの評価基準がサイト全体の評価に強く影響することも視野に入れて、積極的にサイテーションを増やすことを心掛けましょう。

特にMEOと親和性が高い

MEO(ローカルSEO)では地域名とキーワードを掛け合わせたクエリで対策をしますが、その際にNAPの統一をする必要があります。

NAPとはName(名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)の頭文字を取ったものです。MEOではNAPの他にサイテーションの多寡が検索順位を判定するための重要な指標になります。

サイト名、サービス名、商品名などもNAPと一緒に構造化データに入れることにより検索エンジンの理解を促進させることができるようになります。

>>MEO対策についてはこちら

サイテーションを獲得するには

サイテーションの獲得方法はリンクの獲得方法と似ています。大きく次の4つを試してみてください。

  • サイト名やサービス名の最適化
  • 高品質なサイト・コンテンツを意識する
  • ブログやSNSでの発信
  • メディアへの掲載

サイト名やサービス名の最適化

まずはサイト名とサービス名を分かりやすく、短い名称にする必要があります。名称が長いと言及されにくくなりますし、勝手に略される恐れもあり、統一ができなくなることで評価分散されてしまうことも考えられます。サイトのURLについても同様に、可能な限り分かりやすく短いものが求められます。

高品質なサイト・コンテンツを意識する

当たり前のことですが、引用されたり言及されたりするためには相応のサイトやコンテンツが求められます。直接的にSEO対策にも繋がりますのでサイト運営として最善を尽くしましょう。

ブログやSNSでの発信

自社のサイト内やTwitterなどのSNSを活用し、自ら情報発信をすることで直接的なトラフィックの確保もできますし、拡散されサイテーションが取れる可能性が高まります。

自社からの発信によるサイテーション効果は非常に薄い(もしくは全くない)ですが、継続することでユーザーからの信頼を得ることもできます。そもそもサイテーション対策は短いスパンで成果が出るものではありませんので、長い目で見たときにユーザーのためになるかどうかという視点で運営する必要があります。

メディアへの掲載

メディアとして最も効果的といわれているのはテレビCMですが、中小企業にとっては費用が高すぎるため一般的ではありません。しかし、テレビCM以外にも各種メディアに掲載されることでサイテーション効果は見込めます。費用を掛けずとも寄稿をしたり提携したりすることでサイテーションを獲得することは可能です。

 

ジャンルによってはブログやメディアに直接問い合わせをすることで自社の商品やサービスを紹介してもらえることもありますので、そのために競合サイトの被リンクを調査しリンクを付けているサイトに対してダイレクトメールを送るという手法が海外では盛んにおこなわれています。この手法は日本ではまだ一般的ではありませんので取り入れてみるのもよいでしょう。

なお、少額の広告を出してインプレッション数だけを稼ぐという方法でサイテーションビルディングをするという手法もありますが、本質的な使い方ではないことや新規サイトであって極端に言及数が少ない場合などに限定される手法ですので広く推奨されるやり方ではありません。

サイテーションの調査方法

自社がどの程度言及されているかを調べるには主に3つの方法があります。

  • Yahoo!リアルタイム検索
  • Googleの検索機能
  • Google Search Console

Yahoo!リアルタイム検索

yahoo!リアルタイム検索Yahoo!リアルタイム検索を使えばSNSでどのような発言をしているのかを調べることができます。SNSからのリンクにSEO効果はありませんが、SNSでの言及数はどれだけ認知されているか、拡散されているのかということを見ることができますので定期的に確認することをおすすめします。

Googleの検索機能

googleの検索機能

自社のサイトやサービスのサイテーションがどの程度あるかを調べるにはGoogleの検索方法を工夫することでわかります。

“東京SEOメーカー” -switchitmaker2.com

 

のように””(半角ダブルクォーテーション)でサイト名やサービス名を囲い、スペースをあけて-(半角ハイフン)で自社のドメインを入力することでわかります。

“”(半角ダブルクォーテーション)で囲うことで完全一致で調べることができ、-(半角ハイフン)を使うことで自サイトを検索結果から除外することができます。このように検索することで検索エンジンが認識している関連サイトを見ることができますので、どの程度サイテーションがあるのかがわかります。

サービス名以外にもサイト名、商品名、代表者名などで検索することで簡易的に知名度を計ることができます。

本来は知名度と検索順位は関係ありませんが、ネット上で業界の第一人者として見られているかどうかの指標(E-A-TのAuthoritativeness:権威性)にもなりますので定期的に確認してみることをおすすめします。

※ ””(半角ダブルクォーテーション)を使わない場合、「東京SEOメーカー」だけではなく「東京 SEO メーカー」の検索結果も出てきてしまうため、必ず囲うようにしましょう。

業種によっては調査方法に注意

例えば、飲食店の場合には自社サイト以外にも食べログやホットペッパーグルメなどのポータルサイトに自社名が載る場合があります。このような場合には自社サイトのURLを除外しただけでは本当のサイテーション数を調べることができません。

そのため、検索方法を次のように工夫する必要があります。

“お店の名前” -tabelog.com -hotpepper.jp

除外するURLの数はスペースを空ければいくつでも追加することが可能です。食べログ(tabelog.com)やホットペッパーグルメ(hotpepper.jp)以外にも状況に応じてぐるなび(gnavi.co.jp)やRettyグルメ(retty.me)なども除外する必要があります。

飲食店以外では美容ではホットペッパービューティー(beauty.hotpepper.jp)、ビューティーパーク(beauty-park.jp)、womanbeauty(womanbeauty.jp)などを除外する必要がありますし、歯科医院では歯科タウン(shika-town.com)、エストドック(estdoc.jp)、EPARK歯科(haisha-yoyaku.jp)などの除外が必要です。

Google Search Console

googlesearchconsole

サイト運営をしているならばGoogle Search Consoleは登録していると思います。クエリの検索機能で自社名やサービス名を入力することでどの程度の検索数があり、流入数があるのかがわかります。

Goolge Search Consoleでの調査方法は直接的なサイテーション数を把握することはできませんが、キーワードプランナーによる概数の確認ではなく実数の確認ができるのが特徴です。

サイテーションの悪影響に注意

サイテーションは基本的には多ければ多いほど効果がありますが、注意すべきはネガティブな言及と自演によるサイテーションです。

ネガティブな言及はマイナス要因

前述のようにサイテーションによるSEO効果があると見られていますが、サイテーションがあるからプラスに作用するとは限りません。口コミなどで悪い情報が発信されている場合やマイナスな面を紹介されている場合にはSEOとしてプラスには働かないことが考えられます。

一度マイナス評価がついた記事を修正してもらうことは非常に難しいため、ユーザーファーストなサイト運営が必須です。

自演サイテーションには効果なし

SNSで自社のサービスや記事を発信する分には構いませんが、目的がサイテーション確保ということであれば止めた方がよいです。情報発信の対象はユーザーですからユーザーにとって意味のない発信をするようであれば検索エンジンにも評価されることはありません。

自演サイテーションによるペナルティという事例は確認できておりませんが、スパム的な扱いになる可能性はありますのでユーザーと向き合う運営が必須です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る