東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

あるあるSEO対策 ロングテールSEO編

SEO対策あるある漫画ロングテールSEO①SEO対策あるある漫画ロングテールSEO②SEO対策あるある漫画ロングテールSEO③SEO対策あるある漫画ロングテールSEO④SEO対策あるある漫画ロングテールSEO⑤SEO対策あるある漫画ロングテールSEO⑥

その三 ショップオーナー編 「ロングテールSEO」

SEO対策で特にECサイト等では、様々なキーワードでサイトへの流入を図り売上を上げていく必要があります。

月間検索件数の多いビックワードのコンバージョン数よりも検索件数の少ない複合ワードやミドルワード、スモールワードのコンバージョン数の合計の方が多く売り上げに貢献しているケースがあります。これを具体的に狙っていくのがロングテールSEOと言います。

ロングテールとはマーケティングにおいて用いられる用語ロングテール(長いしっぽ)と言う意味です。

>>ロングテールSEOを詳しく知るのはこちら

ロングテールSEOで各キーワードを上位表示させていくのも至難の業でそれにはノウハウが大いにあります。

SEO対策の秘密をご披露しますと、トップドメインを強くすれば、ロングテールでもサイトページが引っかかりやすくなります。よって、ビックワード、ミドルワード、スモールワードを対策していくサイト設計が必要です。

>>サイト内部修正診断書はこちら

詳しいノウハウは、弊社のサイト内部修正診断書をご依頼ください。

 

SEOコンサルタント
SEOコンサルタントより

漫画にあるように、たくさんのキーワードをSEO対策したい場合、そのキーワードをサイトトップのタイトルに詰め込むのは絶対にやってはいけません。1キーワード1URLで対策しましょう。トップタイトルには、そのサイトのビックワードを狙って、下層ページのタイトルでミドルワード、スモールワードを狙います。スモールワード1つ1URLと1コンテンツ(充分な情報をのせましょう。)でサイトを構成していくのが良いです。ECサイトはディレクトリ構成も重要です。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る