格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

キーワードとサイト滞在の要因

  1. RankBrain・・・RankBrainはGoogleのAIアルゴリズムのことを指します。言語やクエリを解釈する能力に秀でているのがRankBrainの大きな特徴だと言われています。ユーザーの曖昧な言葉や口語も的確に理解します。
  2. キーワードの自然検索時のクリック率(CTR)・・・かつては検索結果のクリック率が、ランキングを押し上げる要因となるというのが通説でしたが、Googleはそれを否定しています。検索結果のクリックデータはアルゴリズムの評価に使用されてはいるもののと、それが検索順位の決定に使用されるわけではないようです。
  3. すべてのキーワードの自然検索時のクリック率(CTR)・・・サイト全体のコンテンツのクリック率が高い場合、サイトの品質の向上に繋がる可能性があります。
  4. 直帰率・・・Googleは直帰率を検索順位決定の要因としては使用していないといっています。しかし、ある調査では直帰率と検索順位との相関関係を認めています。間接的に何かの影響を与えていることは否定できません。
  5. ダイレクトトラフィック・・・Googleは、chromeのデータを活用していないとされています。しかし、chromeからのダイレクトトラフィックのデータを使用していると指摘する専門家もいます。ある調査によればダイレクトトラフィックとランキングには重要な相関関係があるとのことです。
  6. リピートトラフィック・・・リピーターの多いサイトは、Googleのランキングが上がる可能性があります。
  7. ポゴスティッキング・・・「ポゴスティッキング」は、訪問したサイトに必要な情報がないので、検索結果画面に戻り、また別のサイトへ情報を探しにいくことを繰り返すことです。つまり、検索結果を行ったり来たりする行為がポゴスティッキングです。結果的には、コンテンツの質がユーザーの求める水準にまで達していない場合にこのポゴスティッキングが起こります。あまりにもポゴスティッキングが認められるサイトの場合は、Googleからマイナス評価を受ける可能性があります。ポゴスティッキングを避けるには、検索ワードとコンテンツ内容を一致させることや、コンテンツを質の底上げなどが必要となります。
  8. ブロックされたサイト・・・Googleはユーザーが任意のWEBサイトを検索結果に表示させないようにできるツールを導入しています。現在はユーザーがブロックしているドメインのデータをアルゴリズムの評価要素には使用していないが、データが使えるかどうかの技術的な部分は研究しているらしい。よって今すぐにアルゴリズムの評価要素に使われないが将来使われるかもしれない。Googleがこのデータを見ようとしていないとは言えないかもしれない。
  9. chromeのブックマーク・・・マット・カッツによって評価はないと言及されているが、実際は違うかもしれない。Googleの特許にも次のような記載があります。「サーチエンジンは、ドキュメントの重要度を決定するため、どのドキュメントに累計いくら位のブックマークやお気に入りが付けられているのかを解析するかもしれない。」
  10. コメントの数・・・コメント数はアルゴリズムの評価要素ではありませんが、良いコメントによる間接的な影響がプラスになる可能性はあります。
  11. サイトの滞在時間・・・Googleはサイト内滞在時間を図る技術は持っていますが現在アルゴリズムの評価要素には入れていないといっています。しかし、良いサイトは必然的に滞在時間が長くなり、直帰率が低くなります。Googleもデータの裏付けなどに使用している可能性が高いと言われています。多くのSEOコンサルタントが重要な要因だと定義つけています。
  12. QDF・・・「QDF (Query Deserves Fressness)」といわれる、より新しい新鮮な情報を検索結果の上位に表示するというアルゴリズムがあります。
  13. QDD・・・特定の検索キーワードに含まれる検索意図にさまざまな可能性が考えられる場合に、検索結果に表示させるWEBページをいろいろな多様性を持たせて表示し様々な選択肢をユーザーに与えるアルゴリズムです。
  14. ユーザーブラウジングの履歴・・・ユーザーがGoogleにログイン中に状態で行っているブラウジング(WEBブラウザを使ってサイト等を閲覧すること)の履歴を、Googleがデータとして何かに活用しているかもしれないという見方もあります。
  15. ユーザーによる検索履歴・・・検索の方法によっては、ユーザーが検索した履歴の影響で、検索結果が変化することがあります。
  16. 注目のスニペット・・・そもそもスニペットというのは、Googleでの検索結果において表示されている、サイトの要約文のことです。そして検索結果の中でも特に強調して表示されるスニペットを、注目のスニペット等と呼んでいます。この部分に表示されると目立ちやすくクリック率も上がることから、「いかに注目のスニペットへ表示させるか」という対策へ関心が集まっているようです。
  17. ジオターゲティング・・・ユーザーの大まかな居住地をIPアドレスデータから解析し、それに基づいた情報を表示させるアルゴリズムが採用されているといわれています。
  18. セーフサーチ・・・フィルタリング設定などにより、有害と思われるコンテンツ(成人向けなど)を検索結果に表示させないようにすることができます。
  19. Google+サークル・・・GoogleにおけるソーシャルネットワークであるGoogle+ のサークルにより、検索結果が変更される可能性があります。
  20. 「YMYL」キーワード・・・「Your Money or Your Life」の略語であり、特にユーザーの生活に大きく影響を与えると思われる金銭や投資・医療や健康・政治や法律等に関するキーワードについては、特に情報の正しさが必要となるとGoogleは考えているようです。そのためこのようなキーワードに関しては特に、信頼性が高いと思われるサイトを検索結果に上位表示し、反対に信頼性が低いと思われるサイトは下位表示するという傾向にあります。
  21. DMCAの苦情・・・DMCA(デジタルミレニアム著作権法)侵害の苦情申し立てが多くなされているサイトは評価を低くするというアルゴリズム(パイレーツアップデート)が採用されています。
  22. ドメインの多様性・・・検索結果が同一のドメインばかりにならないよう、様々なドメインのサイトが表示されるというアルゴリズム(ドメインダイバーシティアップデート)が採用されています。
  23. 取引の検索・・・何らかの取引を目的としている検索をユーザーが行った場合、他の多くのキーワードで検索した結果とは違う種類の検索結果が表示されやすくなっています。
  24. ローカル検索・・・ローカル検索とは、検索する上で、特定の地域に関する事項に絞って検索を行うことです。Googleには、ユーザーの所在地に合わせた検索結果を表示するというアルゴリズムが存在するといわれています。
  25. ブランド・・・多くのユーザーに検索されているブランド名をサイトの名前に持つサイトは、他以上に上位表示されやすくなるといわれています。
  26. ショッピング結果・・・検索キーワードによっては、検索結果画面にGoogleショッピングでの検索結果一覧を表示するケースもあるようです。
  27. 画像の検索結果・・・検索キーワードによっては、検索結果画面に画像での検索結果一覧を表示するケースもあるようです。
  28. イースターエッグ・・・Googleには、そのキーワードを検索することにより隠し機能を表示させる多数の隠しコマンド(イースターエッグ)が存在しています。
  29. ブランドの単一サイト結果・・・検索キーワードによっては、同じブランドのサイト内にあるページを2つ以上同時に検索結果に表示するケースもあるようです。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン