【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

アルゴリズムの種類とリンク

  1. ペイデイローンアルゴリズム・・・クレジットカードやローンといった金融関連のキーワードなどの検索結果を改善するためのアルゴリズムです。
  2. パンダアップデート・・・キーワードが必要以上に詰め込まれたページ・自動生成されているページ・無断で複製されているページ等、質が悪いと思われるサイトの順位を下げるアルゴリズムです。
  3. リダイレクト・・・Googleでは、途中にリダイレクトを挟むことで、ページランクが弱くなるという仕様になっているようです。
  4. ポップアップ・・・ポップアップ等を表示させるサイトの順位は下がりやすくなっているといわれています。
  5. サイトの最適化・・・サイト内の構造を最適化しておくことで、上位表示されやすくなります。
  6. ドアウェイページ・・・ドアウェイページは誘導ページとも呼ばれていて、ユーザーを別のページへと誘導するだけの目的で作られたページです。そのサイト自体の中身が薄いケースが多く、その場合は検索による情報収集の邪魔になることから、検索順位を下げやすくなります。
  7. ページレイアウトアルゴリズム・・・サイトの上部、つまりユーザーが訪問した際に1番最初に目にすることとなる部分が、広告だらけになっているような悪質と思われるサイトの検索順位を下げるアルゴリズムです。
  8. アフィリエイトリンク・・・アフィリエイトサイトへのリンクを貼り過ぎてしまうと、検索順位を下げやすくなると言われています。
  9. フレッドアップデート・・・大量で必要以上の広告が貼り付けてある等の条件を満たすサイトの検索順位を下げるアルゴリズムだと言われています。
  10. インタースティシャル広告・・・インターステイシャル広告とは、ページを移動する間に独立のページとして挟むように表示する広告のことです。他にもページ内にてポップアップとして画面を覆うように表示される広告を指すこともあります。これがある場合、サイトの順位は下がりやすくなるようです。
  11. アフィリエイトサイト・・・例えば商品の説明文などをコピーして載せただけなど、サイト独自の文章等のコンテンツがほとんど無いアフィリエイトサイトの場合、検索順位を下げやすくなると言われています。
  12. 自動生成されたコンテンツ・・・ユーザーが検索する際に入力したキーワードに合わせ、コンテンツを自動生成しているようなサイトの場合、検索順位を下げやすくなると言われています。
  13. ページランクスカルプティング・・・リンクにnofollow属性を設定することでページランクを意図的に制御しようとする有名な手法ですが、Googleからは推奨されていないようです。
  14. スパム認定されたIPアドレス・・・悪質と思われるスパムサイトやアダルトサイトとだとみなされてしまった場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  15. metaタグスパム・・・同じmetaタグを何度も何度も繰り返し使用する等、metaタグの乱用を行った場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  16. リンクの不自然な流入・・・ページの内容とあまりにもかけ離れた他サイトへのリンクなど、あまりにも不自然に見えるリンクが多い場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  17. ペンギンアップデート・・・相互リンクを乱用したページ等、過度なSEO対策・スパム行為を行っているのではと思われるサイトの順位を下げるアルゴリズムです。
  18. 低品質なサイトからのリンク・・・「コンテンツの質がよろしくない」と評価されるサイトからのリンクは、かえってサイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  19. ドメインの関連性・・・基本的にはドメインによる直接の検索結果への影響はあまり無いと言われていますが、サイトのテーマと関連したドメインにすることで、間接的に順位が上がりやすくなるのではないかなどといわれています。
  20. 不自然なリンクへの警告・・・不自然なリンクではないかとGoogleから警告を受けてしまった場合、サイトの検索順位が落ちてしまったり、リンクが無効になったりする可能性があります。
  21. 低品質のディレクトリリンク・・・リンクが低品質なディレクトリへのリンク等に偏っているケースの場合、サイトの検索順位が落ちてしまったり、リンクが無効になったりする可能性があります。
  22. ウィジェットのリンク・・・ウィジェットを配布する場合、リンクに「nofollow」を使用したり、アンカーテキストを入れないようにしたり等がGoogleより推奨されています。
  23. Cクラス以上に分散したIPからのリンク・・・Cクラス以上に異なるIPに分散がされているリンクの場合、検索順位を上げやすくするといわれています。
  24. 有害なアンカーテキスト・・・一般的に有害だとされる言葉がアンカーテキストによってリンクが貼られている場合、何らかのハッキングなどを受けているとみなされてしまう可能性があり、サイトの検索順位が落ちてしまうかもしれません。
  25. プレスリリースからのリンク・・・以前は有効とされていた手法ですが、現在では一概にそうとはいえません。使い方次第ではGoogleから不自然なリンク・ガイドライン違反と扱われてしまうケースもあるようです。
  26. 手動ペナルティ・・・Googleには、自動ペナルティだけでなく、人が判断して手動でペナルティをくだしているケースも存在しているようです。
  27. リンクの販売・・・リンクの売買に関しては、販売した側にも購入した側にもペナルティが課されるといわれています。
  28. Googleのサンドボックス・・・サンドボックスは、かつて存在していた新たに開設されたサイトが開設後すぐには検索結果上位に表示されない現象のことです。
  29. Googleダンス・・・かつてはGoogleによるアルゴリズムの更新の影響で、一時的に検索順位が変動するという現象が観測されていて、これはGoogleダンスと名づけられています。
  30. 除外ツール・・・検索からサイトを除外するツールを使うことで、Googleの検索結果から自身のサイトを外すことが可能となります。もし検索に表示させたい場合、うっかり使わないように注意しましょう。
  31. 再審査請求・・・Googleからのペナルティを解除してもらうには、基本的には再審査請求を行わなければなりません。
  32. 過剰なリンクスキーム・・・低品質のリンクを必要以上に多く集めるリンクスキームを行った場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン