格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

アルゴリズムとは?

 

アルゴリズムを日本語に直訳すると「算法」

一般的な意味としては
「何らかの問題や命題を解くための規則的な手順や計算方法」です。

 

そしてSEO対策における「アルゴリズム」という言葉は、
「検索エンジンアルゴリズム」のことをさすと考えてよいでしょう。

 

検索エンジンアルゴリズムとは?検索エンジンにおいて、検索結果に並ぶウェブサイトの表示順を確定する仕組み(アルゴリズム)のこと。
ランキングアルゴリズム、検索アルゴリズム等ともいう。

 

検索エンジンにおける上位表示を目指すために行うSEO対策では、
このアルゴリズムを読み解くことこそが
安定した順位を獲得するための鍵だと言っても過言ではありません。

アルゴリズムさえ解析できれば、
あとはそれに沿う形で具体的な対策を行っていけばよいだけなのです。

 

ただしアルゴリズムは日々進化を続けています。

よって安定して上位を獲得し続けるためには、
定期的にアルゴリズム解析を行っていく必要があるのです。

>>Googleのアルゴリズムをもっと見る

 

 

なお、検索エンジンのアルゴリズムが
順位決定の判断材料として主に使う要素さえ分かれば、
その部分への対策を重点的に行うことでサイトを上位表示させやすくなります。

 

上位表示されやすい要素の例

・有益なコンテンツ(テキスト)が多数ある
・IP分散がなされている
・良い被リンクを受けている

 

SEO対策のアルゴリズム解析■アルゴリズム解析例
複数のサイトの順位変動のデータを元にし
作成したレーダーチャートの例。
影響を受けやすい要素を高く評価する形で
アウトプットしています。

どの要素が順位を上げる要因となのかを繰り返し地道に検証し、
そのノウハウを蓄積することにより、
最新のアルゴリズムの状況やアルゴリズム変動を明確に把握できます。

判断に困った場合は、Googleガイドラインに沿って判断をするのがよいでしょう。

解析を繰り返せば繰り返すほど、コンテンツSEOの重要性を認識できるはずです。

 

 

アルゴリズムのキャッチアップ

アルゴリズムのキャッチアップ

検索エンジンアルゴリズムを解析すると同時に、
対策を講じていく必要があります。

どういうサイトが評価されているか日々調査することで、
最新のアルゴリズムに適した有効な対策を把握できるはずです。

解析から得たデータを実際のSEO対策に反映していきましょう。

 

最近ではアルゴリズムのアップデートが頻繁になっている為、
いつでも有効なSEO施策は存在しません。

常に検索エンジンのアルゴリズムのトレンドを分析し、
その特性を把握してサービスにすぐに反映させることが重要です。

いかにアルゴリズムのアップデートを追いかけ、
解析・把握を行うことができるかがSEO対策のキーポイントでもあります。

 

あくまでも参考程度ですが、
Google の共同創設者のラリー・ペイジ氏が述べた
「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、
ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである」

というアルゴリズムの基本に常に立ち返ることをおすすめします。

ユーザーができる限り簡単に、求めている情報を見つけられ、
すべき作業を完了できるようにするのが
アルゴリズムの存在意義であることを忘れてはいけないのです。

 

 

SEO対策サイトと上位表示サイトの競合調査

 

 

Open site explorerのデータを活用することで、
対象サイトの被リンク状況および
対策キーワードで上位表示しているサイトの被リンク状況を確認可能となります。

 

まずはlink:の代用となる、open site explorerの情報を収集します。

・被リンク数
・ドメイン数
・ドメインの強さを表すdomain Authority
・被リンクのアンカーテキスト
・スパムコード

などを元にわかる被リンクの質と数から
現在の上位表示しているサイトと対策サイトを比べ、何が足りないかを抽出していきましょう。

 

またサイト内部のインデックス数とサイトコンテンツを確認し
何が足りないかを把握したら、情報とコンテンツを足していくことが必要です。

キーワード最適化の確度も確認しましょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン