格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

アルゴリズムの種類とリンク

  1. ペイデイローンアルゴリズム・・・Payday Loan (ペイデイローン)と書きます。外部施策や内部施策が過剰なSEOでSEOスパムの手法において検索結果が出ていた場合、その検索クエリを標的に順位を改善するアルゴリズムです。特に、クレジットカードやローンといった金融関連のキーワードなどの検索結果を改善するのに用いられるアルゴリズムです。
  2. パンダアップデート・・・サイトの質を問うアルゴリズムです。サイト内部にキーワードが必要以上に詰め込まれたページや自動生成されているページ、無断で複製されているページが沢山あり、質が悪いと思われるサイトの順位を下げます。随時アップデートをしています。
  3. リダイレクト・・・あるドメインから他のドメインに飛ぶようにすることをリダイレクトといいます。Googleでは、途中にリダイレクトを挟むことで、ページランクが弱くなるという仕様になっているようです。実際にリダイレクトした場合順位を落とすことが多いです。
  4. ポップアップ・・・ポップアップ等を表示させるサイトの順位は下がりやすくなっているといわれています。特にポップアップ広告はSEOで評価を下げます。
  5. サイトの最適化・・・サイト内の構造を最適化しておくことで、上位表示されやすくなります。キーワード最適化をHTMLの最適化があります。キーワードの最適化はサイトタイトルを修正します。HTMLはW3Cに準拠したコーディングを心がけましょう。
  6. ドアウェイページ・・・ユーザーを別のページへと誘導するだけの目的で作られたページです。そのサイト自体の中身が薄いケースが多く、その場合は検索による情報収集の邪魔になることから、検索順位を下げやすくなります。
  7. ページレイアウトアルゴリズム・・・サイトの上部、つまりユーザーが訪問した際に1番最初に目にすることとなる部分が、広告だらけになっているような悪質と思われるサイトの検索順位を下げるアルゴリズムです。
  8. アフィリエイトリンク・・・過度にアフィリエイトサイトへのリンクを貼り過ぎてしまうと、アルゴリズムの評価を下げて順位を落とす原因となります。
  9. フレッドアップデート・・・広告を重視していてたくさんの広告が貼り付けてあるサイトはユーザーにとってもよくないのでの検索順位が下がります。このアルゴリズムをいいます。
  10. インタースティシャル広告・・・ページを移動する際、差し込まれる広告のこと。主にモバイルアプリやまとめサイトなど、日常的に人が目にしやすい場所で使われています。ページを閉じるボタンが小さく、スキップしづらいという側面があり、ページの閲覧を阻害する恐れがあると検索エンジン側に判断されると従来よりも検索順位を下げる恐れがあります。
  11. アフィリエイトサイト・・・広告収入を得ることを目的としたWebサイトのこと。サイト運営者は、広告を出稿している会社に代わって、商品内容をサイト内でPR・紹介することで、発生した利益の一部を得ることができます。例えば商品の説明文などをコピーして載せただけなど、サイト独自の文章等のコンテンツがほとんど無いアフィリエイトサイトの場合、検索順位を下げやすくなると言われています。
  12. 自動生成されたコンテンツ・・・ロボットや自動ツールなど、人の手が介在しない形で作られた文章のこと。ロボットへ事前に命令を定義しておくことで、設定した内容に基づいて自動で記事を作成します。大量の記事を効率良く生みだせる反面、内容が他の記事・競合サイトと重複しやすいため、オリジナルのコンテンツを求めている検索エンジンからは評価されづらい。ユーザーが検索する際に入力したキーワードに合わせ、コンテンツを自動生成しているようなサイトの場合、検索順位を下げやすくなると言われています。
  13. ページランクスカルプティング・・・検索エンジンから与えられるページ評価を制御する手法の一種。ページごとに割り当てられる検索エンジンの評価に対し、検索評価を取り下げさせるnofollow属性を使うことで、重要度の高いページヘのみ検索エンジンからの評価を集中・誘導するというもの。リンクにnofollow属性を設定することでページランクを意図的に制御しようとする有名な手法ですが、Googleからは推奨されていないようです。
  14. スパム認定されたIPアドレス・・・情報の発信先として悪質であると評価されたものに対し送られるもの。他のユーザーに悪意のあるコンテンツをバラ撒く発信者としてマークされ、インターネット上での活動を制限されます。
    悪質と思われるスパムサイトやアダルトサイトとだとみなされてしまった場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  15. metaタグスパム・・・ページの内容に関連性のないキーワードをGoogleロボットが読み歩く場所に絞ってバラ撒くことで、インターネット上での露出を意図的に増やそうという施策。検索エンジンへの露出施策の一種。検索エンジンを利用して悩みを解決しようとするユーザーの行動を阻害する行為として認知されており、現在では検索エンジン側に認知されるとペナルティを受ける恐れがあります。同じmetaタグを何度も何度も繰り返し使用する等、metaタグの乱用を行った場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  16. リンクの不自然な流入・・・ページの内容と関連性のない記事へ流すリンクのこと。ユーザーが興味を持ちそうな内容と大きくかけ離れた内容を見せ、運営するサイトの露出数だけを意図的に伸ばす。ユーザーの情報収集を阻害する恐れがあるため、現在では検索順位を落とす要因になり得ます。ページの内容とあまりにもかけ離れた他サイトへのリンクなど、あまりにも不自然に見えるリンクが多い場合、サイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  17. ペンギンアップデート・・・悪意ある情報誘導・ユーザーに被害をもたらすと懸念されるサイトへユーザーが迷わないようにするため、Google検索エンジンが検索順位の評価を大規模に見直す調整イベントのこと。相互リンクを乱用したページ等、過度なSEO対策・スパム行為を行っているのではと思われるサイトの順位を下げるアルゴリズムです。
  18. 低品質なサイトからのリンク・・・リンクを自演で水増しすることで総リンク数を盛る行為のこと。「他サイトから参照される回数が多い情報」=「信憑性の高い情報」であると検索エンジン側が認識するため、これを悪用して評価を良いものへと変えようとする施策。しかし検索エンジンのロボットは発達し続けているため、年々、検索順位として評価されづらい施策となってきています。「コンテンツの質がよろしくない」と評価されるサイトからのリンクは、かえってサイトの検索順位が落ちてしまう可能性があります。
  19. ドメインの関連性・・・インターネット上の住所を証明するドメインを所持しているだけでは、検索結果自体に大きな影響は与えません。しかし、サイトのテーマと近しい単語をドメイン名内に設定することで、ユーザーが情報を見つけやすくなり、結果、間接的に検索順位を上げやすくなります。基本的にはドメインによる直接の検索結果への影響はあまり無いと言われていますが、サイトのテーマと関連したドメインにすることで、間接的に順位が上がりやすくなるのではないかなどといわれています。
  20. 不自然なリンクへの警告・・・閲覧しているページと関連性のないページへ誘導するリンクを貼りすぎることによって、検索エンジン側から通達される警告のこと。違反し続けることで検索順位を大きく下落させたり、最悪本来付与されるはずのリンクの評価を検索エンジン側によって無効にされるなど。年々検索エンジンの取り締まりが厳しくなっているので、警告を見つけたらいち早く対策する必要があります。不自然なリンクではないかとGoogleから警告を受けてしまった場合、サイトの検索順位が落ちてしまったり、リンクが無効になったりする可能性があります。
  21. 低品質のディレクトリリンク・・・主サイト配下にある低品質なページ(例:https://~.com/hogehogeのhogehogeの部分)のこと。ページ内に設置される低品質な内部リンクと同様、ページ自体の価値が著しく低いとサイト全体の検索順位を下げる恐れがあります。リンクが低品質なディレクトリへのリンク等に偏っているケースの場合、サイトの検索順位が落ちてしまったり、リンクが無効になったりする可能性があります。
  22. ウィジェットのリンク・・・ひと目で情報を確認できる機能のこと。代表的なサービスとしては、TwitterやInstagramなど。人から人へコンテンツを渡り歩かせるサービスでたびたび利用されます。無腎臓に情報が生成されていき検索結果にも影響を与えるため、Googleでは、検索順位の評価を左右するアンカーテキストやリンクなどを入れないよう推奨しています。ウィジェットを配布する場合、リンクに「nofollow」を使用したり、アンカーテキストを入れないようにしたり等がGoogleより推奨されています。
  23. Cクラス以上に分散したIPからのリンク・・・ネットワークの規模・数を表した指標のこと。Cクラス以上(中~大規模)なネットワークで分散されたリンクは、自演的だと検索エンジン側に判断されづらいため、検索順位を上げる要因になります。Cクラス以上に異なるIPに分散がされているリンクの場合、検索順位を上げやすくするといわれています。
  24. 有害なアンカーテキスト・・・リンクされたテキストの中でも、要領を得ない内容の場合、「外部から攻撃を受け続けているサイト」=「ユーザー側にも悪影響を及ぼすサイト」と認識され、検索エンジン側に検索順位を引き下げられる可能性があります。一般的に有害だとされる言葉がアンカーテキストによってリンクが貼られている場合、何らかのハッキングなどを受けているとみなされてしまう可能性があり、サイトの検索順位が落ちてしまうかもしれません。
  25. プレスリリースからのリンク・・・メディアや報道機関向けに発行された情報資料の一種。信頼のある機関から発行された文書として取り扱われるため、使い方次第では、Googleから思いも寄らない評価を受けることも…。以前は有効とされていた手法ですが、現在では一概にそうとはいえません。使い方次第ではGoogleから不自然なリンク・ガイドライン違反と扱われてしまうケースもあるようです。
  26. 手動ペナルティ・・・ロボット側で判定しづらい内容を人の手によってGoogle側へ報告する手段の一種。Googleには、自動ペナルティだけでなく、人が判断して手動でペナルティをくだしているケースも存在しているようです。
  27. リンクの販売・・・参照された回数の多い情報ほど有用であるとGoogleの検索エンジンは判断する傾向にあるため、それを逆手にお金を対価としてリンクを施すという商売のこと。リンクの売買に関しては、販売した側にも購入した側にもペナルティが課されるといわれています。
  28. Googleのサンドボックス・・・新たに開設されたサイトがすぐに検索結果上位に表示されない現象のこと。サンドボックスは、かつて存在していた新たに開設されたサイトが開設後すぐには検索結果上位に表示されない現象のことです。
  29. Googleダンス・・・検索順位が短い期間内で上下する現象のこと。一瞬前は1ページ目に自分のサイトが来ていたのに、数時間後に見返したら、5ページ目に移動していたなんていう状況のことを指します。かつてはGoogleによるアルゴリズムの更新の影響で、一時的に検索順位が変動するという現象が観測されていて、これはGoogleダンスと名づけられています。
  30. 除外ツール・・・Googleの検索エンジンから見つからないようにする施策のこと。新規でサイトを立ち上げていたり、リニューアルしようとする際、一時的にユーザーからサイトを見つけられないようにするのに便利です。検索からサイトを除外するツールを使うことで、Googleの検索結果から自身のサイトを外すことが可能となります。もし検索に表示させたい場合、うっかり使わないように注意しましょう。
  31. 再審査請求・・・WebサイトがGoogleのもつガイドラインに沿っているものであると再度証明するために行う処理のこと。Googleからメールでペナルティの通知が来た場合、対応して基本的には再審査請求を行わなければなりません。
  32. 過剰なリンクスキーム・・・質の低いリンクを外部から過剰に集めてしまう現象のこと。不必要にリンクを集めることは検索順位にも大きく影響するので、その法則性を逆手に取って競合のサイトの評価を著しく落とそうというもの。サイト運営者は、即座に謂れのないペナルティへ対処することが求められます。質の低いリンクを集めた場合、サイトの順位を落とします。リンクスキームには気を付けましょう。

>>ドメインに関する要因とされるアルゴリズム一覧

>>ページレベルの要因とされるアルゴリズム一覧

>>リンクに関わるとされるアルゴリズム一覧

>>キーワードとサイト滞在に関わるとされるアルゴリズム一覧

>>ソーシャルとブランドに関わるとされるアルゴリズム一覧

>>2020最新Googleアルゴリズムについて

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン