アパレル店舗必見!必須のSEO対策とコンテンツについて徹底解説

アパレル店のSEO対策アパレル業界では、ECサイトを活用して商品を販売することが一般的となり、実店舗以上に売上を高めることも可能です。しかし市場が拡大しているからこそ競合サイトも多く、検索エンジンからの集客を最大化させるSEO対策が必須といえます。

 

SEO上級コンサルタント本記事ではアパレルECサイトにSEO対策が必要な理由から、必須の対策方法について詳しく解説していきます。

 

アパレルECサイトのSEO対策とは

 

アパレル業界では、自社商品をインターネット上で販売する「ネットショップ」や「オンラインショッピング」として、ECサイトを活用する企業が増加しました。

 

そのため競合サイト以上に売上を高めるために、商品ページのコンテンツ量を増やしたり、SNSなどで露出を増やしたりと集客促進に取り組んでいるサイトも多いです。

 

しかしどんなにECサイト上で多くの商品を扱っていたとしても、SEO対策を行わない限りは売上を大きく増加させることが難しいといえるでしょう。

 

なぜならECサイトもホームページの一つであるため、検索エンジン上で検索上位に表示させない限りは、集客を最大化することができないからです。

 

仮に検索上位に表示されないECサイトの場合、既存客にしか商品を販売できず、新規客を獲得できません。また場合によっては、競合サイトに顧客を取られてしまうこともあるでしょう。

 

したがってECサイトでは商品を公開するだけでなく、SEO対策によって検索エンジンから集客することが大切です。

 

アパレルECサイトにおけるSEO対策の必要性 

 

アパレルECサイトは急激に市場が拡大し競合となるサイトも多いため、検索エンジンに向けた対策をしないと売上を高めることはできません。

 

また検索結果で上位に表示されない限りはユーザーに店舗や商品を認知しもらえない点からも、アパレルECサイトではSEO対策が必須であるといえます。

 

ここでは、アパレルECサイトにおけるSEO対策の必要性について詳しく解説していきます。

 

EC市場が拡大しているため

 

年々アパレルのEC市場は拡大し、ECサイトに対応する企業も増加傾向にあるため、今後市場で勝ち抜くためにはSEO対策が不可欠です。

 

実際に以下が、アパレルECの市場規模を表したデータです。

 

<アパレルECの市場規模>

  • 2014年:1兆2,822億円
  • 2017年:1兆6,454億円
  • 2019年:1兆9,100億円
  • 2020年:2兆2,203億円

引用:経済産業省「令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)報告書」

 

2014年から比較すると約1兆円以上の増加が見られます。特に2019年から2020年にかけては、1年で3,000億円以上の増加が見られ、ここ数年で急激に伸びていることが読み取れるのではないでしょうか。

 

急激な伸び率の理由は複数ありますが、なかでも新型コロナウイルスの影響が大きいと考えられます。

 

外出自粛によってインターネットの利用が増え、手軽に商品を購入できるECサイトの需要が高まったといえるでしょう。

 

今後もさらにアパレルEC市場は拡大すると予想されるため、競合サイトに勝つためにも検索エンジンからのアクセスを増やす、SEO対策は必須であるといえます。

 

店舗や商品の認知を広げるため

 

アパレルECサイトのSEO対策は、認知力を向上させるために欠かせない要素です。

 

そもそもアパレルECサイトで商品を購入してもらうには、まずは店舗や商品を認知される必要があります。

 

仮に「Tシャツ メンズ 安い」などのキーワードで検索されたとしても、検索順位が50位とかであれば、ユーザーがECサイトに訪れることはないでしょう。

 

検索1位に表示されるキーワードが複数あれば、商品の購入につながらない場合でも自社ブランドの宣伝効果は十分にあります。

 

そのため店舗の認知力を向上させるためには、検索エンジンで上位に表示させることが最も効果的な方法といえます。

 

ECサイトがWeb集客の軸になるため

 

インターネットを活用して商品を販売する場合、SNSやWeb広告などで宣伝を行ったとしても、最終的な目的はECサイトで商品を購入してもらうことです。

 

そのためECサイトがWeb集客の軸となり、ECサイト内において商品が購入されやすい導線設計を行うSEO対策は重要な役割を持ちます。

 

またSEO対策によるキーワードの選定は、購入につながりやすいユーザーを集めるられることも強みです。

 

したがって検索の上位表示だけが目的ではなく、商品の購買率を高めるためにも、ECサイトではSEO対策が必須といえるでしょう。

 

アパレルECサイトに効果的なSEO対策 

 

アパレルECサイトでは検索結果で上位に表示させるだけでなく、いかにユーザーからクリックされるかが重要です。そのためにはタイトルやメタディスクリプションの最適化、構造化マークアップの設定など、ECサイトに効果的なSEO対策を行いましょう。

 

ここでは、アパレルECサイトに効果的なSEO対策について詳しく解説していきます。

 

タイトル・メタディスクリプションの最適化

 

ECサイトでは商品ごとにページを用意することが基本となり、各ページのタイトルやメタディスクリプションは、SEOでは重要な対策項目になります。

 

なぜなら検索結果の画面では、タイトルとディスクリプションが主として表示されるため、ユーザーがサイトを閲覧するのかを判断する重要な要素になるからです。

 

そのため以下のポイントを押さえて対策し、ユーザーが魅力に感じる内容にしましょう。

 

 

  • 商品に関連するキーワードを含める
  • 印象に残りやすいフレーズ
  • 商品のイメージが湧きやすい内容
  • タイトルは32文字以内
  • メタディスクリプションは120字以内

文字数は上記を超えると検索結果の画面に表示されなくなるため、収まるように意識しながら設定しましょう。

 

関連記事: SEOタイトルの効果的な付け方|実は誤解されているタイトルタグ

 

商品画像の最適化

 

ECサイトでは商品を魅力的に伝える方法として、画像は重要な役割を持ちます。一般的には画質や画角など、ユーザー目線のみの対策が重要視されますが、検索エンジンに向けても最適化しなければいけません。

 

具体的には、以下の対策を行いましょう。

 

  • Alt属性の設定
  • ファイル名の簡潔化
  • テキストとの関連性

まったく別の商品画像や、初期の文字ファイル名は関連性が低いと認識されやすいため、注意をしましょう。

 

特にAlt属性の設定は重要なSEO対策になります。なぜなら検索エンジンが画像を読み込めない場合は、Alt属性に設定された文字が表示されるからです。

 

またGoogleのクローラーが画像を正確に認識するうえでも必要なため、Alt属性はすべての画像で設定しましょう。

 

読み込み速度の改善

 

アパレルECサイトでは数多くの商品ページが存在するため、コンテンツの量が多く読み込み速度が重くなりやすい点が特徴です。

 

読み込み速度が遅い状態を放置してしまうと、ユーザーに不便なサイトだと判断され、SEOに悪影響を与えてしまいます。そのため定期的に速度を確認し、ユーザーが不便に感じない速度に改善しましょう。

 

読み込み速度を改善するには、以下の方法が効果的です。

 

  • 画像の圧縮
  • 画像のサイズ変更
  • サーバーの応答時間を短縮化
  • 不要なCSSの削除

改善項目を一つずつ確認するのは大変な作業のため、一度で問題点を確認できる「PageSpeed Insights」の活用をおすすめします。

 

URLを入力するだけで現状の読み込み速度や改善項目が分かるため、PageSpeed Insightsの内容に合わせて対策してきましょう。

 

関連記事: 超SEO初心者がまずやるSEO対策⑤/画像最適化

 

構造化マークアップの対策

 

商品ページが多いアパレルECサイトだからこそ必須のSEO対策が、構造化マークアップの設定です。

 

構造化マークアップとは、検索エンジンが理解しやすいようにHTMLの記述を最適化する対策のことをいいます。

 

構造化マークアップを対策することによって、検索結果の画面上でタイトルやメタディスクリプションの他に、リッチリザルトを表示できます。

 

リッチリザルトで表示される項目は、以下のとおりです。

 

 

  • よくある質問
  • 商品の評価やレビュー
  • 商品の価格
  • 商品カテゴリ

リッチリザルトは全部で約30種類の表示項目があり、有効活用することでクリック率を高められます。ECサイトには商品の評価や価格などの表示が効果的なため、積極的に活用しましょう。

 

関連記事: SEOの構造化データマークアップとは!? メリットや実装のポイントを解説

 

アパレルECサイトに効果的なコンテンツSEO 

 

アパレルECサイトではデータベース系のサイトを対策するテクニカルSEOのほかにも、コンテンツを最適化するコンテンツSEOが重要です。

 

コンテンツSEOとは、ユーザーが価値を感じるコンテンツを発信することで、企業やメディアのファンとして定着させるマーケティング手法になります。

 

アパレルECサイトでは、以下のコンテンツSEO対策が重要です。

 

 

  • ロングテールキーワードの選定
  • 適切なカテゴリ分け
  • 自社のジャンルに絞ったコンテンツ制作

各々、解説していきます。

 

ロングテールキーワードの選定

 

アパレルECサイトと一口にいっても、世界中に店舗をもつ大型ブランドからWebのみで小規模に運営をしている店舗まで、さまざまな会社やブランドが存在します。

 

そのためSEO対策をする際は、数ある競合サイトの中でも十分に競っていける可能性が高い、ロングテールキーワードから選ぶことが大切です。

 

例えば「Tシャツ」のビックキーワードの場合、月間検索数は10万以上ありますが、検索上位はZOZOTOWNなど大手のサイトで埋め尽くされています。

 

しかし「綿100 tシャツ メンズ おすすめ」であれば、月間検索数は500以下なものの、検索上位は十分に狙っていけるサイトが多いといえるでしょう。

 

またロングテールキーワードであればニーズが明確化しているため、自社の専門性がユーザーに響きやすく、購買率が高い点も特徴です。

 

したがってビックキーワードを対策するのではなく、ロングテールキーワードに絞り検索上位化のしやすい対策を行っていきましょう。

 

適切なカテゴリ分け

 

ECサイトではカテゴリから商品を探すユーザーも多いため、適切なカテゴリ分けによってユーザービリティを向上させることが重要です。ユーザービリティを向上できればSEOにも効果的なため、検索エンジンから良いサイトであると評価されやすくなります。

 

カテゴリ分けの際は、以下のポイントを押さえましょう。

 

 

  • カテゴリ名が適切か・コンテンツ内容とマッチしているか
  • カテゴリの量は多すぎず、少なすぎないか
  • カテゴリの階層は関連性があるか

ECサイトの場合、カテゴリの階層が「洋服>メンズ>アウター>革」など深くなりすぎることが多いため、注意をしましょう。

 

理想はトップページから3クリック以内にすべてのコンテンツに移動できる状態のため、カテゴリの量から判断しつつ、適切な部類分けを行うことが重要です。

 

自社のジャンルに絞ったコンテンツ制作

 

商品ページだけでなく「洋服に使われやすい生地10選」など、ユーザーに知識を提供する内容のコンテンツを制作する場合は、自社ブランドのジャンルに絞ることが大切です。

 

ジャンルが違うコンテンツの場合でもアクセスを集めることはできますが、最終的な商品の購入を考えた際、購買率を高めることは難しいといえるでしょう。

 

同じジャンルであれば親和性が高くユーザーからの共感を得やすいため、基本的には専門性を武器に、自社のブランドと一致するジャンルに絞ったコンテンツ制作が重要です。

 

アパレルECサイトがSEO対策をする注意点 

 

アパレルECサイト内ではコンテンツ内容が似てしまうことが多いため、公開するときには重複しないための対策が必要です。また商品販売の気持ちが先行するあまり、過度な商品購入リンクの設置など、強引な売り込みには十分に注意をしましょう。

 

ここでは、アパレルECサイトがSEO対策をする注意点について詳しく解説していきます。

 

コンテンツの目的を明確化する

 

SEO対策でコンテンツを発信する際は、コンテンツの目的を明確化することが大切です。

 

仮にコンテンツの目的が定まっていない場合「自社商品を購入してもらう」というゴールまでの導線が組めず、意図もなくユーザーに情報を発信して終わってしまいます。

 

例えば女性用のアウター類をメインに扱っているアパレルブランドの場合、以下のようなコンテンツを発信しても購買までの導線は上手に組めません。

 

  • 水着を紹介するコンテンツ
  • 靴のお手入れ方法を紹介するコンテンツ

もしも「靴に合うコーディネートを紹介するコンテンツ」であれば、自社商品を混ぜて発信することができるため、意図があるコンテンツだといえます。

 

ユーザーに価値を届けることは重要なものの、ECサイトとコンテンツの目的がズレることがないように注意をしましょう。

 

 

強引な売り込みは避ける

 

自社商品を販売したいからといって、ユーザーが不快に感じるような売り込みには注意が必要です。

 

どんなに価値のある情報だとしても、商品購入をしつこく勧める文言がある場合や商品購入リンクが過剰に設置されている場合は、ユーザーはサイトから離脱してしまいます。

 

離脱率や直帰率の高いサイトはSEOに悪影響となるため、検索順位も下がる可能性が高いと考えましょう。

 

特に昨今ではWeb広告が多く活用されており、ユーザーは強引な売り込みを嫌う傾向があります。

 

そのため無理に購入させようとするのではなく、あくまで自然な流れで購入までの導線を作り、ユーザーが不快に感じないサイト運営を心がけましょう。

 

重複するコンテンツを避ける

 

アパレルECサイトで特に注意しなければいけないことが、コンテンツの重複です。

 

まったく同じコンテンツを量産することは稀ですが、似たような内容のコンテンツにおいても検索エンジンからペナルティを受ける恐れがあるため、注意をしなければいけません。

 

例えば同じ商品であっても、洋服のカラーやサイズごとに商品ページを制作する場合があります。

 

サイト運営側は意図をもってページを制作していますが、検索エンジンは細かい理由を判断せずにコンテンツの重複と認識してしまいます。悪意がなくても悪く評価される可能性があるため、似た内容のコンテンツ公開は極力避けることが無難です。

 

仮にどうしても似ているコンテンツがある場合には、URLの統一化によってインデックしないページを作るなどの対策を行いましょう。

 

関連記事: コピーコンテンツ(重複URL)がSEOに与える影響や対処法について解説

 

 

SEOコンサルタント本記事ではアパレルECサイトにSEO対策が必要な理由から必須の対策方法、そしてSEO対策をする際の注意点を詳しく解説してきました。アパレルEC市場は今後も拡大し続けることが予想されるため、早めにSEO対策に取り組み、競合サイトが増える前に成果を出すことが重要です。特に公開したコンテンツが集客効果を発揮するには、数ヶ月の期間が必要になります。質の高いコンテンツ制作にはキーワード選定や競合分析が必須のため、さらに時間をかかると考えておきましょう。まずは本記事で紹介した対策項目から実践し、ユーザーと検索エンジンから評価されるサイト運営を行うことが大切です。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。