美容業界のサイトで実践すべきSEO対策と注意点について徹底解説

美容業界のSEO対策

美容業界ではポータルサイトを活用した集客が一般的ですが、近年ではポータルサイト内での競争が激しく、サイトを活用した自社集客が必須といえます。ただし美容業界のサイトの場合、簡単なキーワードでは競合が多いため、サイトを活用する場合にはSEO対策が欠かせません。

 

海外SEOコンサルタントそこで本記事では、美容業界のサイトで実践すべきSEO対策と注意点について徹底解説していきます。また美容業界のサイトでSEO対策を行うメリットとデメリットについても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

美容業界のSEO対策   

 

美容業界のサイトは店舗紹介として活用していることが多く、サービス料金やヘアカタログなどを掲載しているケースが一般的です。

 

業界の特徴として地域密着型のビジネスモデルが多いため、SEOでは全国を対象にするようなキーワードを避け、地域特化や店舗の強みを打ち出す方法が効果的といえます。

 

またSEO対策として、Googleマイビジネスの活用も重要です。

 

位置情報に関連した検索結果が表示されるからこそ、ローカルビジネスの美容業界とは親和性が高く、欠かせない集客方法になります。ここでは、美容業界におけるSEO対策の必要性について詳しく解説していきます。

 

美容業界におけるSEO対策の必要性

 

美容業界では多くの店舗が、HOT PEPPER Beautyをはじめとしたポータルサイトを軸に集客をおこなっていることが特徴です。

 

そのためポータルサイトの影響が強く、サイトは持っているものの集客ツールとして活用しきれていないことが多いといえます。

 

例えば検索エンジンで「美容室」や「エステ」などのキーワードで検索しても、上位にはポータルサイトばかりが表示されます。

 

しかし近年ではポータルサイト内の競争も激しくなっており、ホームページを活用した自社集客が必要不可欠といえるでしょう。

 

そのため簡単なキーワードではなく、美容に関連あるキーワードから潜在客にアプローチするなど、実践的なSEO対策が必要不可欠です。

 

美容業界におけるSEO対策のメリット 

 

美容業界における潜在客は多く、SEO対策によってさまざまなニーズを持ったユーザーにアプローチできる点は強みです。

またサービスをとおして直接関わる業界だからこそ、サイトの活用によってファン化させやすいこともメリットといえるでしょう。

 

ここでは、美容業界におけるSEO対策のメリットについて詳しく解説していきます。

 

美容に関する潜在客にアプローチしやすい 

 

美容に関するキーワードは肌の悩みや髪のセット方法など、日常的なことから悩みに関する事柄まで幅が広く、潜在客の多さが特徴です。

 

仮に日常的な事柄であれば検索される回数が多いため、SEO対策によって上位表示された記事はアクセス数を増やしやすいでしょう。

 

また悩み系のキーワードであれば、人に話せないことからインターネットで調べる人が多く、潜在客としてアプローチ対象のユーザーがたくさんいます。

 

日常的の内容と悩み系のではまったく異なるコンテンツではありますが、両方とも調べるユーザー数が多く、効率的に潜在客へアプローチできる点が強みです。

 

サイト内の商品販売にも効果がある 

 

美容サイトのSEO対策で多くのユーザーを集客できれば、店舗への予約や問い合わせだけではなく、商品販売にも効果的です。

 

例えば美容室の場合、ヘアシャンプーやヘアワックスなど自社開発の商品を販売していることも多いでしょう。

 

エステサロンやネイルサロンでも同じように、商品を扱っている店舗は多いです。

 

通常、店舗の場合は一度でも来店した人に販売することが一般的ですが、サイトであれば来店状況にかかわらず、求めている人に売ることができます。

 

サイトへのアクセス数が増えれば増えるほど商品が購入される頻度も高まるため、SEO対策によって新しい売上を作れる点はメリットだといえるでしょう。

 

顧客をファン化しやすい 

 

SEO対策の一環としてコンテンツを制作し発信を続けていれば、顧客を自社のファンに定着できます。

 

特に美容業界では施術時に1対1になることや施術者が指名制など、施術者と顧客の仲を深められ、ファンとして定着しやすいことが特徴です。

 

また基本的には定期的に通うことが前提となり、店舗に来店していない期間だとしても、サイトをとおして情報発信やコミュニケーションが行えます。

 

来店の状況に関係なくアプローチができるため、美容サイトにおいてSEO対策やコンテンツ発信は重要な役割といえるでしょう。

 

美容業界におけるSEO対策のデメリット 

 

美容業界では集客効果の高いキーワードの上位表示が難しいことや、検索アルゴリズムの影響を受けやすいことがデメリットとして挙げられます。ただしデメリットを補う対策方法もあるため、合わせて確認しましょう。

 

ここでは、美容業界におけるSEO対策のデメリットについて詳しく解説していきます。

 

「美容室+地域名」のキーワード対策は難易度が高い

 

美容業界でSEO対策を行うと考えた際、一般的に「美容室+地域名」の形でキーワード選定することが多いです。実際、検索されやすいキーワードのため、上位表示できれば成果を高めやすいといえるでしょう。

 

しかし「美容室+地域名」はポータルサイトが検索上位に表示されており、一般サイトのSEOでは勝てないことがデメリットです。

 

とはいってもGoogleマイビジネスであれば、対策することで十分に上位表示の可能性があります。

 

また、Googleマイビジネスとしてのほうが注目を集めやすいため、最初からMEO対策を行うほうが効果的といえるでしょう。仮にどうしてもSEO欄で表示させたい場合には、ポータルサイト内で上位を目指すかWeb広告を活用するなどの方法になります。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

ジャンルによってGoogleアルゴリズムの影響を受けやすい 

 

美容業界はジャンルによってはYMYLに該当するため、Googleアルゴリズムの影響を受けてしまう可能性があります。

 

YMYLとは(Your Money or Your Life)の略となり、ユーザーのお金や健康面で影響を与えやすいジャンルを示す言葉です。

 

通常のSEOと比べて専門性や権威性が重要視されやすく、SEOの上位表示が難しい特徴があります。

 

美容業界では「化粧品」などがYMYLに該当するジャンルです。ただしかならず検索順位が落とされるわけではないため、コンテンツの制作時に監修をつけることや、独自調査の内容にするなどの方法であれば可能性はあるといえます。

 

関連記事: YMYLとは?対象ジャンルとSEO対策方法

美容業界で実践すべきSEO対策 

 

美容業界でSEO対策に取り組む際は、店舗としてのコンセプトや専門性をアピールし、競合店舗との差別化を図っていきましょう。また周辺地域での集客を行う場合はSEO対策ではなく、Googleマイビジネスを活用したMEO対策によってアプローチすることが大切です。

 

ここでは、美容業界で実践すべきSEO対策について詳しく解説していきます。

 

店舗のコンセプトを明確にする 

 

美容業界がSEO対策に取り組むうえで、最初に取り組むべきことが店舗のコンセプトを明確にすることです。今後のSEO対策に通ずる部分ですが、SEO対策では発信するコンテンツやサイト全体に関して、専門性が評価されます。

 

そのため、ただの美容室やエステサロンとして情報を発信しても、専門性は評価されることはなくSEOにも良い影響を与えらえません。

 

しかし仮に「女性専用エステサロン」や「ロングヘアー限定美容室」などのコンセプトがあれば、関連するコンテンツの発信によって専門性をアピールできます。

 

対策キーワードにおいても非常に効果的なため、SEO対策するからには事前に店舗のコンセプトを明確にしてから発信しましょう。

 

施術事例を掲載する 

 

美容業界では、基本的に顧客を施術するサービスとなるため、ユーザーが求めるコンテンツ内容として施術事例をサイトに掲載することが重要です。

 

SEOにおいてユーザーのことが考えられたサイトであることは欠かせない要素になります。そのためユーザーに求められている内容は積極的に取り組んでいきましょう。

 

美容業界の場合、ユーザーが新しく行くエステサロンであれば、具体的な施術内容や施術後の効果などを知りたいと考えるのが普通です。

 

料金形態やサービス内容はもちろんのこと、過去の施術事例なども掲載し、ユーザーが安心して来店できるような内容を作っていきましょう。

 

MEO対策で周辺地域にアプローチする 

 

MEO対策はマップエンジン最適化の略となり、ローカルビジネスに特化したGoogleの無料ツールです。

 

前述にもありましたが、SEO対策では「美容室+地域名」のキーワードは競合が多く、対策しても上位表示が難しいといえるでしょう。

 

しかし、Googleマイビジネス上ではポータルサイトなどは表示されないため、実店舗のみが競合となり、十分に上位表示を狙えます。

 

また、Googleマイビジネスが掲載される位置も、検索結果の画面上ではGoogle広告の下に表示されるため、SEOよりも注目を集めやすい点が特徴です。商品欄や投稿欄においても充実した情報を掲載し、Googleマイビジネスからの問い合わせを増やすような対策に取り組んでいきましょう

 

関連記事: Googleマイビジネスは強力な集客ツール!メリットや登録方法など

 

美容業界に効果的なコンテンツSEO

 

コンテンツSEOとはユーザーの役に立つコンテンツを発信し、最終的には自社サイトのファンとして定着させることが目的です。

 

美容業界のコンテンツSEOであれば、以下の流れで行いましょう。

 

 

  • 悩み系のキーワード選定 
  • 悩みが解決するコンテンツ制作
  • 更新頻度を決めた発信

各々、解説していきます。

 

悩み系のキーワード選定

 

美容業界では身体のメンテナンスなど、人がコンプレックスに感じている部分の施術が多いため、悩み系のキーワードが効果的です。

 

悩み系のキーワードを探す場合は「Yahoo! 知恵袋」の活用がおすすめです。

 

例えば「脇腹 痩せたい」などのキーワードで検索してみたり、カテゴリーメニューから直接探してみましょう。検索でヒットした内容については、より具体的な悩みやニーズと解決策を理解するまでリサーチします。

 

悩みやニーズの理解を深めた後は「ラッコキーワード」にて具体的な対策キーワードを選定しましょう。ラッコキーワードで探すと同時に、キーワードのボリュームも確認するとより市場が読み取れます。

 

具体的にコンテンツ内容が考えられるようであれば、キーワードを確定させましょう。

 

悩みが解決するコンテンツ制作 

 

キーワード選定後は、リサーチした悩みを完全に解決するコンテンツを制作しましょう。

 

コンテンツSEOでは検索ユーザーのニーズを満たしてあげることが重要です。

 

例えば一つのコンテンツを閲覧したうえで他のコンテンツにも興味を持つようであれば、ニーズを満たしているとはいえません。

 

そのため他のコンテンツの分析を事前に行い、制作するコンテンツが内容をしっかりと網羅しているかを確認することが重要です。

 

また制作段階では悩みに対する共感を意識すると、よりユーザーに響くコンテンツが制作できます。実際に経験のある内容の場合はリアルな執筆ができるため、非常に強みになるでしょう。

 

経験がない場合も詳しくリサーチすることで深い内容は執筆できるため、内容が浅いと感じる場合には再度リサーチを行うと効果的です。

 

更新頻度を決めて発信する 

 

コンテンツSEOでは一度制作したからといってお終いではありません。

 

定期的に発信することによって、時間をかけてユーザーをファンへと成長させ、最終的に自社サービスへの誘導や自社商品の購入へと促していきます。

 

また、定期的に更新する頻度は事前に決めておくと良いでしょう。

 

例えば毎週月曜日の夜18時に公開するなど、時間まで指定するのが理想的です。懇親頻度を指定する理由は、よりユーザーをファン化へ促すためです。

 

毎週の日時が指定されている場合、ユーザーはいつの間にコンテンツを見ることが習慣化するため、閲覧が当たり前の状態になります。最終的には毎週見ることが楽しみの状態になり、気づいたら自社サイトのファンになっているでしょう。

 

美容業界におけるSEO対策の注意点 

 

美容業界におけるSEO対策では、関係のないジャンルのコンテンツ発信や、理解ができない専門用語の活用などはSEOに悪影響を与える恐れがあります。ユーザーを非常に不快な状態にさせてしまうため、最低限注意をしましょう。

 

ここでは、美容業界におけるSEO対策の注意点について詳しく解説していきます。

 

美容に関係のないコンテンツは掲載しない 

 

美容サイトでコンテンツを発信する際、関係のないコンテンツの発信はかならず避けましょう。

 

なぜなら無関係のコンテンツ内容はSEO対策に悪影響を与える原因になるからです。

 

例えば美容室のサイトが美容に業界というくくりで考えたとしても、エステサロンやネイルサロンとは細かい業種が異なるため、避けるのが無難といえます。

 

美容室であれば基本的には髪の毛に関係ある内容が理想となるため、専門席を高めたい場合には、コンテンツ内容においても業界や業種を徹底することが重要になります。

 

どうしてもジャンルの異なるコンテンツを公開する場合は、明確なカテゴリ分けをかならずすることで、対処しましょう。

 

美容業界の専門用語・知識を避ける

 

コンテンツを制作する場合、専門性を高めようと専門用語や専門的な知識を多く記載することは避けましょう。

 

なぜなら専門的な用語が書かれていたとしても、閲覧しているユーザーは理解ができないためです。

 

仮に専門用語を丁寧に解説している場合であれば使用しても問題ありませんが、その場合でもできるだけ避けることをおすすめします。

 

実際に閲覧しているユーザーは分からない単語があるだけで、サイトから離脱することも珍しくありません。

 

したがって誰にでも分かりやすい言葉や表現を活用し、離脱するような状況を作らないことが大切です。

 

海外SEOコンサルタント【まとめ】美容業界のサイトで実践すべきSEO対策と注意点について徹底解説していきました。美容業界においてサイトを活用しきれていない店舗は多くあるため、SEO対策によって成果を出せれば、大きな差別化を図ることが出来ます。また実際にSEO対策に取り組む際は、美容業界特有の悩みに関するキーワードなどを活用し、ユーザーのニーズに響かせることが大切です。コンテンツSEOも最終的な集客効果は大きいため、本記事を参考に実践してみましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

海外SEOコンサルタント

海外SEOコンサルタント サファウェット パヴィーナ(suphawet paveena)

タイのアサンプションインターナショナル大学(BBA in Business Information Systems at Assumtion Internation University (Bangkok) 卒業後、英国大学院留学。英国のグリニッジ大学大学院国際ビジネス学科(MA in Internation Business Management at Greenwich University (London))卒業後、米国エクゾンモービル社タイ支局勤務。英語、タイ語、日本語のトリリンガル。海外SEOの実績多数。