物販サイトで重要なSEO対策とは?効果的な9つの方法を徹底解説

物販サイトのSEO対策

物販サイトは多くの企業が活用しているポータルサイトと、自社サイトを運営して集客を行う方法があります。物販は業界として競合が多いことが特徴なため、正しい方法で対策しない限りSEO対策で効果を出すことは難しいといえます。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では物販サイトで重要なSEO対策について、効果的な9つの方法を徹底解説していきます。また物販サイトにおけるSEO対策の必要性やメリット・デメリットについても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

物販サイトのSEO対策

物販サイトの場合、Amazonや楽天などのポータルサイトを活用し商品を販売する方法と、自社サイトとして運営する方法の2種類が存在します。

 

ほとんどの企業はポータルサイトを活用した販売となり、多くのユーザーが利用しているプラットフォームの集客力を活かせる点が特徴です。

 

一般的にはSEO対策と聞くと自社サイトにおける施策のイメージですが、実際はAmazonや楽天などのポータルサイトにおいても重要な集客方法です。

 

特に近年ではEC市場が拡大しており、検索上位に表示させることが難しくなりました。したがって物販サイトで売上を高めるためにも、各ポータルサイトに適したSEO対策が必要不可欠になります。

 

物販サイトにおけるSEO対策の必要性

 

物販サイトでは年々市場が拡大傾向にあり、自社サイトやポータルサイトを問わずにサイト数は増え続けています。

 

そのため物販サイトで集客を考えた場合、検索エンジンからの流入を増やすためのSEO対策は、どのサイトにおいても必須だといえるでしょう。

 

仮にSEO対策が行われていない物販サイトであれば、競合の多い市場の中で検索上位に表示することは不可能に近いです。

 

珍しい商品を扱っている場合や極端に少ない検索ボリュームの場合は多少の可能性がありますが、それでは多くのアクセス数へはつながりません。

 

したがってアクセス数が見込める検索ボリュームのキーワードを求める場合、競合サイト以上に質の高いSEO対策を長期的に行うことが重要です。

 

物販サイトにおけるSEO対策のメリット

 

物販サイトの場合、SEO対策によって上位表示ができれば継続して商品を売れます。広告は出稿を辞めてしまえば集客できませんが、SEO対策には特別な費用がかかることや期間の指定などがありません。したがって、上位表示している限りは効果を実感し続けられる点が最大のメリットといえるでしょう。

 

ここでは、物販サイトにおけるSEO対策のメリットについて詳しく解説していきます。

 

継続して商品を売れる仕組みが作れる

 

物販サイトがSEO対策によって検索上位に表示できた場合、商品を継続して売れる仕組みづくりが行なえます。

 

なぜなら検索上位にあるサイトは簡単に検索順位が下がることは少なく、継続してユーザーからのアクセスを見込めるからです。

 

一定のアクセスを見込めるのであれば、あとは商品ページからのコンバージョン率次第といえるでしょう。コンバージョン率が高いページを作れれば売上の安定につながり、定期的な更新を行うだけで売れ続けます。

 

仮にコンバージョン率が低くても、アクセス数が見込めるページであれば改善できるため問題ありません。したがって物販サイトで検索上位に表示できれば、安定した売上の確保ができるといえます。

 

サイト内でユーザーのデータが取れる

 

SEO対策によって物販サイトへアクセス数を集められると、ユーザーのクリック率や直帰率など、正確な行動データを表示できます。

 

ユーザーのデータはサイトの問題点や改善点を明確にできるため、質の高いサイト運営には欠かせない要素です。

 

例えば直帰率が異常に低い数値が出ていた場合、トップページに何かしらの問題が考えられます。クリック率が悪ければ、タイトルやディスクリプションタグに原因があるかもしれません。

 

しかしSEO対策を行わず検索上位に表示されていないサイトであれば、まずデータを集めるための必要なアクセス数が見込めません。アクセス数はあればあるほどデータへの信頼性が高まる要素です。

 

したがってアクセス数が見込めるだけでなく具体的なデータを活用できる点は、非常に魅力的なポイントといえます。

 

物販サイトにおけるSEO対策のデメリット 

 

物販サイトでSEO対策を行うにあたって、短期間では効果を実感しにくいことや、広告媒体と比べて購買率は低くなってしまうなどのデメリットは確認しておきましょう。成果が出ない場合は繰り返し対策することが効果的ですが、時にはSEO対策業者への外注や広告の活用を考えることも一つの選択肢です。

 

ここでは、物販サイトにおけるSEO対策のデメリットについて詳しく解説していきます。

 

商品ページの更新など運用コストが必要

 

物販サイトのSEO対策でアクセス数の増加など効果を実感するためには、商品ページの内容を最適化することや定期的な更新が必要です。

 

特にサイトを新しく制作する場合や立ち上げたばかりの場合は、短期間で効果を実感出来ない点は注意をしましょう。

 

具体的には、以下のような対策が必要になります。

 

 

  • キーワード調査
  • 商品カテゴリの設定
  • タイトルや説明文の最適化
  • サムネイルの改善
  • 商品ページのリライト

何も知識がない場合はSEO対策に関する知識を身に付けながら行う必要があり、時間や運用コストを考えなければいけません。

 

したがって場合によってはSEO対策業者への外注も視野に入れるなど、効率良く運用することを意識しましょう。

 

広告と比べて購買率が低い

 

SEO対策ではキーワードを選定して対策を行うものの、リスティング広告などの媒体と比べて購買率が低い点はデメリットといえます。

 

広告媒体の場合は明確なターゲットに向けて発信できるため、求めているユーザーと大きく乖離することは少ないです。

 

しかしSEO対策は検索キーワードに連動するため、ユーザー全員のニーズに当てはまるとは限りません。

 

場合によってはニーズがまったく異なるユーザーもいるため、商品ページのアクセス数が増えても購入に至らないケースがあることを覚えておきましょう。

 

もしも購買率が低すぎるような場合は対策キーワードとターゲットの乖離が考えられるため、新しいキーワードで対策し直すなどの対処が効果的です。

 

物販の自社集客サイトにおけるSEO対策 

 

物販の自社サイトでは検索上位に表示しやすいキーワードを選定し、着実にSEOの評価を高めていくことが大切です。いきなりサイト全体で良い評価を得られることはないため、1ページごとにでも積み重ねていくこと意識しましょう。

 

そのため最初は検索ボリュームが少なくても、上位表示の見込みが強いキーワードから対策することをおすすめします。

 

ここでは、物販の自社集客サイトにおけるSEO対策について詳しく解説していきます。 

 

サジェストキーワードを調査

 

物販の自社サイトでSEO対策を行う場合、潜在客としてニーズを考えやすいサジェストキーワードに向けた対策が効果的です。

 

サジェストキーワードとは検索エンジンの検索窓で表示される、検索頻度や関連度の高いキーワードのことをいいます。

 

例えば「パソコン」に対するサジェストキーワードは、「パソコン マック」や「パソコン 安い おすすめ」などが該当します。

 

SEO対策をする場合、検索ボリュームが大きいからといって「パソコン」などのキーワードを対策しても、現実的に上位表示はできないといえるでしょう。

 

しかしサジェストキーワードの中でも複数の単語が組み合わさっているキーワードは、検索ボリュームも少なく上位表示が見込めます。

 

また具体的なニーズも分かりやすいため、タイトルや商品説明なども対策しやすい点が特徴です。

 

上位表示が見込めるキーワードでないと対策する意味がなくなってしまうため、検索ボリュームや競合分析も加味したうえで選定するようにしましょう。

 

関連記事: サジェスト対策

情報収集が目的のキーワード対策

 

物販サイトのキーワード選定ではサジェストキーワードのほかにも、情報収集が目的のキーワード対策が効果的です。

 

情報収集が目的のキーワードは「Know クエリ」と呼ばれ、キーワードに関する事柄を詳しく知りたいとうニーズが読み取れます。

 

例えば「パソコン 安い おすすめ」の場合、「安いパソコンの中でおすすめを知りたい」というニーズが考えられます。

 

したがって「安くておすすめできるパソコン10選」などのコンテンツ内容を制作し、自社商品を交えながら紹介すると効果的です。

 

また「Know クエリ」の中でも「おすすめ」を含んだキーワードは見つけやすくおすすめのため、キーワード選定に悩んでいる場合はぜひご活用ください。

 

検索ボリュームが多い商品カテゴリの設定

 

SEO対策で商品カテゴリの設定をする場合は、サイト内を分かりやすくカテゴリ分けすることが大切ですが、検索ボリュームに関しても確認しましょう。

 

例えば細かくカテゴリ分けしたサイトがあったとして、カテゴリの一つが「パソコン 持ち運び ケース 安い」の場合はいかがでしょうか。

 

カテゴリが細かすぎて最適化されているとはいえません。

 

また検索ボリュームが異常に少ないカテゴリや、カテゴリ内に一つしか分類されていないものは適切とはいえないでしょう。

 

場合によっては無駄なコンテンツと認識されてSEOに悪影響を与えることも考えられるため、検索ボリュームやキーワードの長さは最低限確認する必要があります。

 

関連記事: Googleキーワードプランナーの使い方

 

商品一覧ページの最適化

 

物販サイトでは多くの商品ページを掲載するため、商品一覧としてカテゴリごとに分けられたページを用意しましょう。

 

また商品一覧ページでは、以下のポイントが重要です。

 

 

  • 商品画像は大きく見やすい
  • カテゴリーメニューの設置
  • 絞り込みメニューの設置
  • 1ページ内の商品を多くしすぎない
  • ページは分割する

商品一覧だからといって、商品画像を小さくして敷き詰めるような状態は避けましょう。

 

あくまでユーザー目線での利便性を考えて、カテゴリ分けから求めている商品を見つけやすくすることが重要です。

 

またカテゴリメニューや絞り込みメニューに関しても、ひと目で分かる場所に設置するなどデザイン面を意識するとユーザービリティに効果的です。

 

売上が低い商品ページのリライト

 

SEO対策において商品ページの定期的な更新は重要ですが、更新する際はアクセス数が少なく、売上が低い商品ページを重点的にリライトしましょう。

 

なぜなら売上が低い商品ページの場合、現状は検索エンジンから評価されていないことを表しているからです。

 

マニアックな商品や需要が極端に少ない商品など、売れていない理由が明確な商品であれば問題ありません

 

しかし明確な理由がなければ、競合サイトに比べて質が劣っている場合や適切なSEO対策ができていないなど、何かしらの理由が考えられます。

 

理由さえ判明すればいくらでも修正は可能なため、優先順位としてアクセス数が少ないページや売上が低いページから分析しリライトしていきましょう。

 

物販のポータルサイトにおけるSEO対策 

 

物販ポータルサイトのSEO対策でもタイトルや商品説明などの細かい設定はありますが、なかでも販売件数は影響が強い要素と考えられます。

 

そのため物販ポータルサイトでは購入に直結するようなキーワード選定や、限定セールの活用など、販売件数を少しでも増やしていきことを意識しましょう。

 

ここでは、物販のポータルサイトにおけるSEO対策について詳しく解説していきます。

 

購入に直結するキーワード対策

 

物販のポータルサイトでは、購入に直結するキーワードを積極的に対策しましょう。

 

種類で表すと、キーワードの事柄を買いたいというニーズがある「Buy クエリ」が効果的です。

 

「Buy クエリ」とは以下のようなキーワードになります。

 

 

  • パソコン 比較
  • パソコン マック 購入
  • パソコン 16GB 激安

すぐに購入しようとする意識が読み取れるキーワードになり、商品ページにたどりつけばコンバージョンにつながりやすいことが特徴です。

 

基本的には「購入」・「激安」・「通販」などのキーワードを含めることが多いため、「Buy クエリ」を考えてキーワード選定すれば売上を高めやすいといえるでしょう。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

キーワードを含めた簡潔な商品名・商品説明

 

商品名や商品説明にキーワードを含めることは、SEOにおいて効果的な対策です。しかし複数のキーワードで対策したいからといって、羅列するような状態は避けましょう。

 

商品名や書品説明はユーザーがかならず見る部分になるため、あまりにも見にくい内容で記載されていれば商品の購入以前に、商品ページから離脱していまいます。

 

そのため適度な数のキーワードを含めつつ、しっかりと意味がとおる文章にしましょう。しっかりとキーワードを選定して含めていればSEOにも効果が表れるため、正しい対策で取り組むことが重要です。

 

限定セールで販売件数を増やす

 

物販ポータルサイトのSEOで評価される基準には、商品の購入件数も影響します。やはり商品が多く購入されている店舗のほうがユーザーからの支持も厚く、人気のある点を評価されやすいといえるでしょう。

 

しかしポータルサイトを活用してすぐに、たくさんの購入件数を得ることは簡単ではありません。そこで効果的な方法が、限定セールなどを活用して販売件数を増やすことです。

 

限定セールであれば通常よりも売りやすくなるため、ポータルサイトを始めたばかりの場合や販売件数が少ない場合でも有効活用できます。

 

サムネイル画像の改善

 

サムネイル画像はクリック率を向上するために重要な要素です。

 

ユーザーが商品一覧ページから移動する際は、基本的にサムネイル画像やタイトルから商品に興味あるかを判断します。

 

そのためサムネイル画像は、商品に対する興味を引く第一印象といえるでしょう。サムネイル画像が明らかに適当な作りであればユーザーの興味は引けないため、商品の魅力が伝わるような写真の撮り方や画像の編集を意識しましょう。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】本記事では物販サイトで重要なSEO対策について、効果的な9つの方法を徹底解説していきました。物販サイトでは自社サイトとポータルサイトの2種類があります。自社サイトでは確実に上位表示することでSEOの評価を高め、ポータルサイトでは販売実績を積んでいくことが大切です。どちらも簡単ではありませんが、成功すれば継続して売れる仕組みが作れるため、効果検証を行いながらも実践していきましょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。