建設業にSEO対策が重要な理由とは?SEO対策のポイントや注意点を解説

建設業のSEO対策

自社ホームページからの集客を強化したいけど、SEOってよくわからないという建設業の方は多いのではないでしょうか?これまで建設業では、チラシや訪問営業、紹介などを通して集客を行うことが主流でしたが、今ではインターネットを利用した集客に力を入れている企業も増えてきています。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、建設業にSEO対策が重要な理由ととSEO対策のポイントや注意点を解説していきます。

 

SEO対策とは

 

そもそもSEO対策とは、Googleなどの検索エンジンにおいてユーザーが検索する特定のキーワードで上位表示を図るための対策を指します。

 

Googleのロボットであるクローラがサイト内を巡回し、ランキングアルゴリズムに基づいてサイトの評価を行います。SEOでは、検索結果の表示順位を決定しているクローラーにサイト内容を正しく読み取ってもらうことが重要となります。

 

また、Googleはより精度の高い検索エンジンを目指すために常にアルゴリズムアップデートを行っており、上位表示されるための評価基準を知っておくことはSEO対策を行う上では欠かせません。

 

建設業にSEO対策が必要な理由

 

では、なぜこれまでチラシや営業での集客が主流だった建設業にもSEO対策は必要なのでしょうか?ここでは、建設業にSEO対策が必要な理由を4つ解説します。

 

集客効率が上がる

 

これまでのアナログなやり方と比べ、インターネットでの集客は効率が良いのがメリットとなります。インターネットの普及により、いまでは何でもネットで調べられる時代になっています。

 

建設会社を探しているユーザーもまずはネット検索を行うでしょう。また、ホームページでは365日24時間休むことなく営業活動を行うことができるため、いつでも顧客に対してアプローチすることができます。

 

そのため、SEO対策をしていればいつでもどこでも営業活動を行うことができ、集客効率を高めることができるのです。

 

見込み顧客にアプローチしやすくなる

 

これまでの訪問営業などは、実際に工数がかかる上に成約確率も低いため集客効率が悪いのが事実です。

 

一方で、SEOでは潜在層に向けてアプローチできるため成約確率が高くなり集客効率も上がります。たとえば、「1LDK リフォーム 費用」と検索する人の多くはリフォームを検討している場合が多いでしょう。

 

興味のないゼロの段階からアプローチをするわけではないので、少しでも興味のある見込み顧客のみをサイトへと誘導でき手間を掛けずに集客を行うことができます。

 

安定した受注を見込むことができる

 

SEO対策を行っていれば、安定した受注を見込むことができます。ユーザーが検索するキーワードに合わせて対策を行うため、問い合わせに繋がりやすいキーワードで上位表示ができていれば継続的に集客を行うことができます。

 

また、Webを活用した集客ではサイト内のすべての数字を可視化できるため、先の予測が立てやすいのも特徴です。サイト流入数やコンバージョン率から次月の見込み受注数を出すこともでき、先を見通した対策を行うことも可能となります。

 

費用対効果が高い

 

これまでの集客手法では、1件の成約獲得のためにある程度の営業コストや宣伝コストがかかっていましたが、SEOでは見込み顧客の発掘から成約までをほとんど自動化することができます。

 

そのため、従来よりも圧倒的に低いコストで成約獲得ができ費用対効果が高いと言えます。また、広告出稿のようにコストをかけなければ集客力が低下するということもありません。SEO対策で上位表示が維持できていれば、コストを掛けずに長期的に集客できるのです。

 

建設業が行うべきSEO対策のポイント

 

では、具体的に建設業ではどのようなSEO対策を行えば良いのでしょうか?ここでは、建設業が行うべきSEO対策のポイントについて解説していきます。

 

キーワードを意識したホームページ制作

 

検索エンジンがランキングを行う際には、ユーザーが検索したキーワードとの関連性を判断します。そのため、SEO対策では検索エンジンに評価してもらいやすいよう、キーワードを意識したホームページ制作が重要となります。

 

自社がどういったキーワードで顧客を獲得したいのかを明確にし、そのキーワードで上位表示できるようなサイト設計を行いましょう。

 

サイト名やサイトカテゴリー、見出しやディッスクリプションなどのキーワードを含めて、検索エンジンにサイトの内容を正しく伝えることで上位表示もされやすくなります。

 

問い合わせに繋がるキーワード選定と分析

 

コンテンツを作成する際にもキーワード選定は重要となりますが、ただただ自社サイトに関連するキーワードを選定するのではなく、問い合わせに繋がるキーワード選定が重要です。

 

そのためには、自社がターゲットとするユーザーがどのようなキーワードで検索するのかを分析する必要があります。ユーザーニーズに合わせたキーワード選定の中でも、顧客が成約するまでの流れに合わせてコンテンツ作成を行いましょう。

 

問い合わせに繋がるキーワードで上位表示ができれば、売上を伸ばすことにも繋がるため、キーワードの選定と分析には力を入れることが大切です。

 

ユーザーニーズを満たしたコンテンツ作成

 

選定したキーワードをもとにコンテンツ作成を行う際には、ユーザーのニーズを満たした内容でなければ成約までは繋がりません。キーワードからユーザーの求めている情報が何かを推測して、ユーザーの悩みや課題解決をするコンテンツ作成が重要です。

 

ユーザーニーズを満たしているコンテンツはユーザーから評価されやすいだけではなく、検索エンジンからも評価されやすくなります。しかし、検索エンジンからの評価を意識するあまりキーワードを乱用したり、既に上位表示されているコンテンツを真似るのは逆効果です。

 

しっかりとユーザーニーズを汲み取り、オリジナリティのある質の高いコンテンツ作りが重要となります。

 

建設業のSEO対策で注意したいこと

 

建設業のSEO対策で行うべきポイントを解説してきましたが、注意すべき点もあります。ここでは、SEO対策を行う前に知って置きたい注意点を解説していきます。

 

1つのコンテンツでは1つのテーマは絞る

 

SEOでは、コンテンツの専門性が求められます。そのため、1つのコンテンツでは1つのテーマに絞るようにしましょう。

 

1つのコンテンツ内に複数のテーマについて欠かれていると、読んでいるユーザーは情報を整理することができず伝えたいことも伝わるにくくなります。

 

また、複数のキーワードで対策をすると検索エンジンにもコンテンツの内容を正しく伝えられず、評価されづらくなってしまいます。

 

効果が出るまでには時間がかかる

 

SEOは始めてすぐに上位表示されるというわけではありません。コンテンツ作成にも時間がかかる上に、検索エンジンに評価されるのにも一定の時間がかかります。

 

そのため、SEO対策は長期的かつ継続的に取り組む必要があります。効果が出るまでに時間はかかってしまいますが、作成したコンテンツは資産として残るため継続的に効果を期待することができます。

 

上位表示されるだけでは集客できない

 

キーワードに沿ってコンテンツを作成し上位表示されたとしても、ユーザーの求める情報でなければ成約獲得には繋がりません。そのため、SEO対策と成約獲得は切り離して考える必要があります。

 

もちろん、SEO対策で効果を出すことができれば成約獲得の可能性は高くなりますが、必ずしもイコールになるわけではないということを認識しておくことが大切です。

 

そのため、サイトやコンテンツの内容や設計を成約に繋がりやすいものにすることが重要となります。

 

建設業で顧客に刺さるコンテンツ

 

では、建設業で顧客に刺さるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか?ここでは、成約獲得のために効果的な顧客に刺さるコンテンツを紹介していきます。

 

施工事例の紹介

 

施工事例は、顧客が依頼を判断する際の参考となります。施工事例を通して、建設業者のスキルやノウハウを見ることができるだけでなく、実際に依頼したときのイメージがつきやすくなるというメリットがあります。

 

顧客の後押しができるよう、過去の施工事例を画像を使用して詳細を細かく明記すると良いでしょう。また、事例は複数ある方が良いため積極的にコンテンツを増やすことが重要です。

 

建設施工にかかる費用の目安

 

建設施工にかかる費用は、顧客にとってはイメージしづらいものです。そのため、建設施工にかかる費用の目安をコンテンツ内で紹介すると良いでしょう。

 

費用の目安をある程度伝えることで、顧客も問い合わせへのハードルが低くなります。また、費用を記載することで顧客に安心感を与えることができます。

 

顧客は依頼をする前にいくつかの業者から情報収集を行いますが、その際に情報が少ない業者は絞り込みの候補から外れてしまいます。そのため、費用の目安などの情報は細かく記載することが大切です。

 

現場社員やスタッフの紹介

 

実際に作業を行う現場社員やスタッフの紹介も、顧客から求められるコンテンツと言えます。このようなコンテンツは顧客に対して安心感を与えることができ、信頼を得ることにも繋がります。

 

現場社員やスタッフの顔やプロフィールを記載したコンテンツを作成し、資格や過去に携わった実績などを紹介すると良いでしょう。相手の顔が見えることで、ユーザーもより問い合わせしやすくなります。

 

お客様の声や評価

 

安心や信頼をもたらすコンテンツとして、お客様の声や評価が挙げられます。これは食べログやECサイトにおけるレビューや口コミのようなもので、第三者からの意見は顧客の後押しをする重要な判断材料となります。

 

そのため、実際に施工したお客様の声や評価を施工事例と一緒に掲載することが重要です。このようなコンテンツは、お客様の協力が必要になりますが積極的に増やしていきたいコンテンツになります。

 

建設業のSEO対策の方法 

 

建設業のSEO対策には、社内で行う方法とSEO業者に依頼する2種類の方法があります。

 

社内で行う

 

SEO対策は長期的且つ継続的に行う必要があるため、社内で仕組み化して行えるようになると良いでしょう。しかし、SEOの知識が必要になり技術的なスキルが求められることもあります。

 

社内で知識のある人がいない場合は、外部に委託するなど始めはSEO対策にコストを掛ける必要もあるかもしれませんが、ある程度社内で仕組み化できるようになればコスト削減にも繋がります。

 

SEO業者に依頼する

 

SEOの知識やスキルがない場合やリソースや工数を割けないという場合は、SEO専門業者へ依頼する方法もあります。プロに依頼できるため、より精度の高いSEO対策を行うことができ、成果が出るまでの期間も短くなる場合が多いです。

 

SEO業者への依頼はコストがかかりますが、SEO対策を社内で仕組み化できるまでは依頼するなど効果的に活用してみると良いかもしれません。

 

建設業のSEO業者を選定する際のポイント

 

SEO対策を外部に依頼する際には、多くの業者の中から自社にあった業者選びが重要となります。ここでは、建設業がSEO業者を選定する際に確認したいポイントを解説します。

 

建設業界の実績があるか

 

外部に依頼する際には、実際に建設業界での実績があるかどうかを確認しましょう。成功実績がわかれば安心して依頼をすることができる上に、気軽に相談できるというメリットもあります。

 

また、建設業界の知識がある業者であれば業界の動向も把握しているケースが多いため、適切な情報や施策を提案してくれやすくなります。

 

建設業界に適したターゲティングを行えるか

 

建設業界の実績があることと関連しますが、建設業界に適したターゲティングを行えるかどうかも重要となります。自社にあったターゲティングができていなければ、キーワード選定やコンテンツ作成にもズレが生じてしまいます。

 

建設業界がターゲットとするユーザーの課題やニーズを把握できている業者を選定することが重要です。

 

長期的にSEO対策の運用もできるか

 

SEO対策は短期間に実施するものではなく、長期的に実施していく施策となります。そのため、成果がでるまでの運用も含めてできるかを確認しておくことが重要です。

 

コンテンツの企画や作成をして終了しても、社内にその後の運用ノウハウがなければ期待する効果を発揮することができます。SEO専門業者に依頼する前には、対応できるサービスの範囲を確認しておくことが重要です。

 

関連記事: SEO対策やコンサルの費用(料金相場)とは!? 選定のポイントも解説

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】オフラインで集客をしてきた建設業界も、いまではデジタル化が進んでいるためより一層Web集客が重要視されています。Web集客において欠かせないSEO対策ですが、長期的な集客に繋げられるためWeb集客の中でも必ず取り組みたい対策となります。顧客ニーズを把握して、それに応えるコンテンツの作成を行うことが重要です。SEO対策がハードルが高いと感じている方はまず、SEO専門業者に依頼してみても良いかもしれません。時代の流れに合わせて、SEO対策を活用したWeb集客の強化が重要となります。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。