格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOニュース

1/16ページ

「アンバサダー」と「インフルエンサー」

  • 2020.01.13

「アンバサダー」と「インフルエンサー」という言葉はご存知でしょうか。 アンバサダーは、ある特定の商品や、サービスなどの熱烈なファンを表します。また、インフルエンサーは、人々の支持や、人気ぶりから SNS のフォロワー数などが、ダントツ多い人々などが、周囲の社会や環境に与える影響が大きいことを言います。 実際に、有名人や著名人が、一言、「このお酒は美味しいですね」などと言っただけで、そのお酒の売り上 […]

404エラーページ

  • 2020.01.07

404エラーページというのは、HTTPステータスコードの1つであり、ブラウザが要求したページをサーバーが見つけられなかった場合に表示されるページです。閲覧者はキーワード検索だけでなく、時に、URLの一部を削除し、より概略的なコンテンツを見つけようとする場合があります。こういった際に、その対策が出来ていない場合、この404エラーページが表示されることがあります。閲覧者は諦めて他のサイトへ移ってしまう […]

子供向け取り扱いのタグのサイト

  • 2019.12.29

Google search consoleから子供向け取り扱いのサイトにすることができます。児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)への対応を目的としてWEBサイトまたはそのサービス全体または一部を子供向けとして取り扱うようタグ付けして Google に申請ができます。 上記画像の左下、子供向けとしてタグ付けするをクリックします。 以下、注意点です。 子供向けとして取り扱うようドメインの全 […]

写真で検索

  • 2019.12.17

Google検索では「写真で検索」があります。こちらに出てくる写真は、Google マイビジネスに投稿されている写真のようです。よって、商品を売っている店舗さんは特に、鮮明で目を引く写真を自分で投稿しておきましょう。Googleマイビジネスに写真を載せていない方は結構いますのでたくさんの写真を載せてみることをおすすめします。   格安SEOのTOPページへ戻る    

YMYLとは

  • 2019.11.21

Google検索品質評価ガイドラインには、「お金(Your Money )や生活( Your Life)関連のテーマを扱うWebページをYMYLのサイトと呼び、これらのサイトに対してGoogleはコンテンツの質を重要視して信ぴょう性がないサイトは低評価にしています。 具体的にどういうサイトを指すかというと 不動産系のサイト 医療、健康系のサイト 資産運用系のサイト 金銭取引のサイト 政治、法律、科 […]

自然言語処理技術の「BERT」

  • 2019.11.13

Googleは自然言語処理技術の「BERT」を検索順位決定アルゴリズムに組み込んだことを発表しています。現在、英語検索の10%に影響が出ていると言われています。このBERTと呼ばれるアルゴリズムで検索クエリ(ユーザーが入力するワード)をより正確に理解できるそうです。 強調スニペットにも BERT は使われると言っています。 BERT とは “Bidirectional Encoder Repres […]

ワードプレスとGoogle search consoleの連結

  • 2019.11.11

GoogleがWordPressにGoogle search consoleを取り込めるプラグインを正式にリリースしました。Site Kitといいます。このプラグインをインストールするとSearch Console や Google アナリティクスなどの Google のツールによるレポートを WordPress のダッシュボードから確認できる優れものです。 今までは、Site Kit はベータ版 […]

E-A-Tとその影響について

  • 2019.10.30

Googleでは、最近、専門性や権威性、信頼性の頭文字3つをとった概念のE-A-Tを重要視していると言われています。WEBサイトのこの3つの専門性と権威性と信頼性を判断し、高評価を与えています。そのWEBページのコンテンツの中身と作成者、WEBサイトの運用者情報とWEBサイトの評判などをすべて参考にしていると言われています。 E-A-T の分析として ページ数の無い薄っぺらいコンテンツやアフィリエ […]

キーワードと共起語、類似語

  • 2019.10.29

SEO対策で成功するにはキーワードの選定を考えなければいけません。キーワードの反映方法において、文脈と共起語という概念が注目されています。共起語というのは対象のキーワードと一緒に使われやすい言葉のことです。たとえば、「カメラ」を検索するときに「ピント」「シャッター」「撮影」「写真」といったものが共起語と呼ばれるものです。この共起語というのを適度に入れたほうが自然な内容で、検索エンジンに高い評価をう […]

2019年最新のアルゴリズムに評価をされるには

  • 2019.10.24

Googleのアルゴリズムは、対策キーワードの種類といいますか業種ごとに強度が違うように感じています。例えば、あるキーワードで上位表示すれば大きな収益を生むキーワードなどではかなり不正がないか取り締まりを強化しているロボットがいるような手ごたえがあります。それは、ペナルティーで圏外に飛んでしまったお客様からのお問い合わせで細かく状況を精査してみるとそのほとんどが低品質な外部リンクを受けていたりサイ […]

1 16