格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOニュース

3/16ページ

モバイル端末とSEO

  • 2019.09.01

検索エンジンの評価対象は、遂にモバイル向けサイトにも及びました。モバイルファーストインデックスと呼ばれるシステムが開始されて以降、モバイル使用者の使い勝手を意識したサイトかどうかも評価されるようになったのです。 簡単に言えば、SEO担当者は、文字サイズやフォントにまで気を配らなければならなくなりました。では実際、グーグルが示すガイドラインでは、どのような推奨が見られるのでしょうか。例えば、適切なフ […]

SEO担当者が念頭に置くべきこと

  • 2019.08.30

SEOは、ネット上の潮流を正しく読み取ることも肝心です。 最近とかく言われるのは、デスティネーションファーストを重要視する傾向です。 ディスティネーションというのは英語で「行き先」だとか「目的地」などの意味合いを持つ単語であり、SEOにおけるデスティネーションファーストというのは「利便性等のためにも、目的となる情報への導線を優先すべきだ」という考え方の施策となります。 諸々の状況をふまえると、この […]

テキストに関するルール

  • 2019.08.22

見出しであるhタグにはキーワードを積極的に入れることになりますが、それ以外にも、段落の初頭付近に使用するのが理想的です。 文章の中でも、クローラーは初頭部分を重視する傾向にあるからです。 クローラーは最初の文をリード文だと認識しているのです。 また、マークアップは忘れないように心掛けます。 つまりHTMLによる構造の説明です。 クローラーはタグを単なる文字列ではなく、構造を理解する手がかりとして認 […]

テキスト位置の重要性

  • 2019.08.14

クローラーを意識したライティングにおいて、テキストの位置は重要です。 クローラーは、テキストデータの全てを平等に読み取るわけではなく、差別化を図っています。 つまり重視する順位というものが存在するのです。 具体的には、タイトル、見出し、本文の順に重要であると考えられます。 ですからキーワードを使いたいのであれば、まずはタイトルに使用することを考えなければなりません。   タイトルはキーワ […]

直帰率

  • 2019.08.07

直帰率と呼ばれる概念をご存知でしょうか。 これはウェブサイトへのユーザーのアクセスの内、そのサイト内をサーフィンせずにすぐに離れてしまったケースの割合を指します。当然直帰率が高ければ高いほど、ユーザーのそのサイトに対する評価が低いことを意味しますから、検索エンジンとしても相応の評価に留めようとします。 一方、ユーザーの滞在時間が比較的長いサイトは高く評価される傾向にあります。 しかし注意したいのは […]

noscriptとlazyload

  • 2019.07.15

lazyloadが推奨される以前は、構造化データとnonscriptタグでインデクシングするのが主流でした。Lazyloadとpolyfill、IntersectionObserver APIさえあれば、これらの方法は捨て去っても良いのでしょうか。実は構造化データもnonnscriptタグも、依然として重要な手段であり、一番望ましいのは併用することだと思われます。 グーグルはSigned HTTP […]

ツールの紹介

  • 2019.07.10

ウェブサイトの反応が遅ければ、ユーザーが離れてしまうのは自明です。最近はモバイルユーザーが大半を占めるサイトが増えており、モバイルサイトの高速化をめぐって、担当者の頭を悩ませていることでしょう。しかし時間を浪費することは叶わず、パフォーマンスを改善できるツールについて、担当者は最低限の知識を獲得しなければなりません。ここでは最新のツールをご紹介しますが、その下準備として、先ずは計測対象となるメトリ […]

ライブ配信中の動画

  • 2019.06.29

これまではグーグル検索結果にライブ配信中の動画が表示されることはありませんでした。この事実は技術者に限らず、世間一般に広く認識されているところでしょう。ライブが検索結果に反映されるわけはないと。しかしその仕様は変わって、赤い「liveマーク」を伴って、「videos」の一覧に上がるようになっています。この仕様変更に寄与したのは、構造化データとIndex APIでした。ライブ配信であると検索エンジン […]

画像の最適化方法

  • 2019.06.23

画像の最適化方法の一つに「圧縮」があります。圧縮は大別して2種類があり、一つは「Lossless」、もう一つが「Lossy」です。前者はデータが損なわれませんが、後者は相応の犠牲を払い、より大きな圧縮を可能にします。Lossyは圧縮率を選択することも可能で、80以下を選ばない限り、ユーザーに感じ取られるほどの劣化をきたしません。圧縮ツールも多様ですが、人気の高いツールは「Imagemin」でしょう […]

グーグルが開発したフォーマットWebP

  • 2019.06.20

ウェブサイトの反応速度を下げる要因の一つが、リソースそれぞれのデータ量です。中でも画像、JavaScript、フォントは他のリソースに比べて大きく、最適化が欠かせません。以下、最適化方法について具体的にご説明します。 一般に、画像の最適化としては、フォーマット、圧縮、サイズの適正化、lazyload(無駄な読み込みを省く)等が実行対象とされます。いずれも人力で行える施策ですが、オートメーション化で […]

1 3 16