東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ECサイトSEO ~究極のSEOノウハウ~

ECサイトのSEO対策の究極のノウハウをここでご披露したいと思います。現在、ネットショップでは、アマゾン、楽天市場、Yahooショッピングのショッピングモール系が強く、頑張って自社ECサイトを作ったにもかかわらず全く検索にヒットせず売れなかったり、SEOの予算をたくさんとりSEO会社に発注したにもかかわらず売り上げ増になっていないたくさんのお客様の悩みをいただいています。そこで、インハウスでできるECサイトSEOの技術的なことをまとめました。まずは、これを参考にサイト内部を修正してみてください。

さて、ECサイトSEOで大事なことを以下の5つにまとめてみました。

キーワード設定

まず、どのWEBサイトでもどのキーワードで上位表示させていくか考えることは重要です。特に、ECサイトの場合、取扱商品が多く、たくさんのキーワードで上位表示させたいと思い、あれもこれもキーワードをつめこんでしまい、サイト全体のバランスを崩してしまっているECサイトも多いです。ECサイト特有のキーワード設定方法があります。

  1. TOPページにビックワードと言われる商品全体のワードを持ってくる
  2. 2階層目、特に商品一覧ページやカテゴリーページにビックワード内にも入る(類似ワードなど)をもってくる
  3. 各商品詳細ページでロングテールで複合ワードなどを狙う
  4. コラムや記事のページではキーワード1つ1つを狙ったコンテンツ文章をアップしていきます

上記4つのキーワード戦略を行っていくといいです。具体的なキーワードを例にとって説明してみましょう。

ドレスの通販サイトをSEOたいさくしていくとしましょう。商品は、パーティドレスなどです。これらのキーワードをADWORDSで調べてみると、下記のような月間検索件数のワードが出てきます。

キーワード月間検索件数
パーティ ドレス135000
ロング ドレス14800
タイト ワンピース12100
パーティー ドレス レンタル14800
パーティー ドレス 通販8100
パーティー ドレス ロング8100
演奏 会 ドレス6600
パーティー ドレス 韓国8100
結婚 式 パーティー ドレス6600
パーティー ドレス パンツ8100
パーティー ドレス 結婚 式1600
ドレス パーティー5400
パーティー ドレス 安い5400
パーティー ワンピース4400
結婚 式 ロング ドレス2400
ドレス ロング2400
ニット ワンピース タイト2900
ロング ドレス 演奏 会1900
演奏 会 用 ドレス1600
結婚 式 ロング ワンピース1600
パーティー ドレス レース1900
韓国 パーティー ドレス1600
ドレス 演奏 会1000
パーティー ドレス 冬1900
パーティー ドレス 黒2400
ワンピース タイト1600
ロング ドレス 結婚 式1300
黒 ロング ドレス1300
パーティー ドレス 通販 人気1000
結婚 式 ドレス ロング1300
キャバ ドレス ロング1300
ロング ドレス 黒1300
パーティー ドレス 安い 可愛い880

これらのキーワードを調べてみると、パーティドレスがかなりのビックワードであることがわかります。パーティドレスのワードだけがずば抜けて135000回の月間検索件数があります。

まずここで、2つの戦略が思いつきます。

①”パーティドレス”のキーワードをメインワードにしてSEO対策をしていく方法
②”パーティドレス”のあまりにも大きいワードを避けて、複合ワードの”パーティドレス 通販”をメインワードにしてSEO対策をしていく方法

です。

SEO対策で重要なポイントは、順位決定は、サイト内部のインデックス数(Googleがデータベースに保存して認識しているページ数)と外部リンクのパワーで決まるということです。

また、10位以内の1ページ目に入らなければユーザーにほとんど閲覧されない事実があります。そこで、自社サイトのインデックス数と10位以内の競合他社のインデックス数を比べてみて、明らかに負けているようであれば、ビックワードの”パーティドレス”をあきらめて”パーティドレス 通販”などのミドルワードに変えてそれをTOPぺーじでのメイン対策ワードにします。

ECサイトSEOのキーワードTOPページで対策するワードもなるべく1つのカテゴリー、テーマのワードにしてください。”パーティドレス”の場合、このワードをTOPページで対策するとかなりいい理由があります。それは、パーティドレス以外のワード、ロングドレス、タイトワンピース、イブニングドレス、レースドレス、パンツドレス、フォーマルドレス、ブラックドレス・・・etc全てのドレスが、パーティドレスとして使えるので、パーティドレスのワードの中にカテゴリー的に他の商品のワードが内包しているからです。

→TOPページのキーワードが決まりました。

次に、2階層目のキーワードです。2階層目には、商品の一覧ページが来ます。例えば、

https://www.sample.com/long-dress ロングドレスの一覧ページ
https://www.sample.com/formal-dress フォーマルドレスの一覧ページ

のように”パーティドレス”でありロングドレスである商品がたくさんあるので、ロングドレスカテゴリーの商品を集めた一覧ページを作りこのページを”ロングドレス”のキーワードで対策をします。
同様に、フォーマルドレス、イブニングドレスなどカテゴリー分けした商品一覧ページを作り、各ページをこれらのキーワードで対策をします。

ECサイトSEOのキーワード2階層目

→これでメインの次に対策するキーワードが2階層目のキーワードとして決まりました。

次に、各商品詳細ページで複合ワードやロングテールのキーワードを狙っていきます。3階層目以下の商品購入ボタンがある個々の商品ページです。このページで対策するキーワードは、

”ロング ドレス 黒””や”パーティドレス 黒”やさらに、もっと具体的な商品名やスモールワードを狙っていきます。具体的な商品名やキーワードであればあるほど月間検索件数が少なくなりますが、狙い目です。検索件数の少ないワードを3階層目以下の商品詳細ページで対策をしていきましょう。

キーワード月間検索件数
ツイード ワンピース タイト170
ロング ドレス ワイン レッド110
半袖 タイト ワンピース110
ミント グリーン パーティー ドレス110
ロング ドレス 水色110
パーティー ワイド パンツ70
ワンピース タイト ミニ110
オフ ショルダー ロング ドレス110
演奏 会 用 ドレス 黒70
オフィス ワンピース タイト140
グレー ロング ドレス110
チェック タイト ワンピース140

これで、ビックワードもミドルワードもロングテールの複合ワードもバランスよく対策できます。サイト全体のバランスを考えてキーワード最適化していく事が大事です。更に詳しい修正指示は、SEOサイト内部修正診断書をお出ししますのでそれで確認ができます。こうしてECサイトのキーワード設定をしていきます。各ページのキーワード最適化方法はタイトル、メタディスクリプション、内部リンクで対応します。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

サイトのUI部分

ECサイトのUI部分が購買に繋がる非常に重要な部分となります。SEOで狙っているキーワードで上位表示に成功し、ユーザーがサイトに訪れてくれてもユーザビリティが悪く情報が上手く整理されていないサイトではなかなかユーザーは商品を買ってくれません。まず、UIで一番大事な部分は、情報をどうやってみせていくかです。

一番重要なTOPページのUI部分を図を見ながら説明していきます。まず、TOPの画像部分(水色枠)ですが、ここはユーザーがファーストビューで閲覧する極めて重要な場所となります。よくやりがちなのがサイトイメージの写真を1枚のせていたり、スライダーにしてサイト写真を載せているサイトが多くあります。しかし、TOP ページ画像部分もお勧め商品バナーや季節ものキャンペーンを宣伝して商品購入させ
る導線と考えてください。TOP画像からの商品導線を意図的に作りましょう。

次に、TOPページでは、商品とその写真をなるべくカテゴリー分けして多く載せることが大事です。相談のあったサイトでは、商品の画像より商品に関するブログや記事ページが上に来ていました。読ませる記事はなるべく下に持ってきましょう。あくまでも商品検索がすぐできるように商品一覧ページや商品の導線をTOPページではたくさん確保しましょう。

最後に、特集記事やコラム記事一覧をフッターの上に出すと良いでしょう。SEOではどうしても文章が必要な場合があり、それを補うためにもサイトの一番下の方に記事やコラムスペースを入れておくとよいでしょう。

また、各商品購入ページでは、写真をたくさん使い、なるべく丁寧に商品説明をすると良いです。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

商品検索システム部分

個々の商品詳細ページでは、なるべく静的ページとなるURLにしましょう。

動的ページ:……..list?category_id=13
静的ページ:……..products/detail/red-dress

また、各商品をまとめた一覧ページも必ず作りましょう。例えば、タイトワンピースの各商品ページの上の階層には、タイトワンピースの一覧ページが来るようにします。

https:sample-dress.com/products/tightdress(この部分が商品一覧ページです)/tight-mred(各商品)

このように、情報のカテゴライズ分けとURLの階層分けを行いましょう。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

コラム記事部分

コラム記事や特集記事、ブログ記事などをECサイトの同じURL下に設置して情報リリースを随時行いましょう。SEOでは、どうしても記事が上位表示することが多いです。同じ質のページが2つあり、一方が情報をたくさんもっていれば情報量の多いページをGoogleは上に持ってきます。最近では、情報量よりもその情報の質をみてもらえるアルゴリズムになりつつありますが、情報が多いに越したことはありません。

売りたい商品の記事を書きます。その記事のタイトルを狙っているキーワードで上位表示するように設定します。順位が上がってきたら、その記事ページから商品購入ページにリンクを貼り商品購入の導線を作ります。記事ページをランディングページを作成するように作っていくといいです。➡詳しくはご相談ください。

内部リンクと外部リンク

SEOにおいてリンクは2種類あります。対策サイト内のリンクを内部リンクと言います。他のサイトからもらうリンクを外部リンクと呼びます。サイト内の内部リンクは多ければ多いほど良いと理解しておいていいです。大事なことは、リンクの出し方です。

どのページを上位表示させるか
外部からもらうリンクもサイト内部からもらうリンクも評価方法は一緒です。リンクをもらった
ページが評価され順位上昇します。

トップ ページ の 順位を上げる・・ ・ https://sample.com/ (トップページ)に 内部リンクと外部リンクを集める。発リンクするアンカーテキストに必ず対策ワードの” キーワード“を入れる。

”対策キーワード①”や”対策キーワード②”などの○○なら ○○の TOP へ戻る”のアンカーテキストでTOPへリンクを下層ページから集めましょう。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る