【令和3年10月最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値、安く激安で上位表示を獲得します。YMYLのサイトやEATが必要なサイトもOK。プロのSEOチームが上位表示へと導きます。

どれが正しい? ネットにあふれる玉石混合のSEO対策方法を見極めるポイント

インターネットの普及に伴い、情報が誰でも手軽に入手可能な時代になりました。
気になることがあれば、その場でスマホやPCを使い検索エンジンやSNSでささっと検索するだけで、欲しいテーマの情報が簡単に大量に手に入ります。

SEOに関する情報も例外ではありません。

例えばGoogleで「SEO」で検索してみると、検索結果には一瞬で約516,000,000件もの情報が表示されます(※2020年9月時点)

 

SEOの基本を知りたい方は、まずこちらの記事(↓)をご覧ください。

seo-knowledge<サイト内おすすめ記事>SEO対策の基本
https://www.switchitmaker2.com/seo/
「SEO(Search Engine Optimization)」という言葉の意味や、SEO対策実行のメリットなど、SEO対策について基礎から解説しているページです。

 

 

ですが、“そんな時代だからこそ”新たなお悩みが生まれてしまうというのもまた事実。

今回の相談者様も、ネットが普及した今だからこそのお悩みをかかえておられる方なのだそうです。

 

■相談内容■
SEOの情報はどれが正しい?

起業と同時に自社のサイトを立ち上げようと考えています。SEO対策というものの存在については以前より何となく耳にしたことがあり、現在はその方法を知るべく情報収集をしている段階です。ですが調べてみるとサイトにより発信している情報が異なるように思います。中には相反する対策を推奨しているパターンも存在しているようです。ネット上に存在するSEOに関する情報のうち、結局どの情報を信頼するのがよいのでしょうか?

 

相談者様のおっしゃる通り、SEOとひとくちに言っても様々な方法が存在します。

また各サイトにより推奨する方法が異なっていたり、明らかに矛盾する方法を推奨しているWEBサイト同士が存在したりというケースもあるようです。

 

ですが矛盾する方法が書かれているからと言って、必ずしもどちらかが “嘘” だとは限らない場合もあります。

特にSEO関連情報は、情報の性質上、こういった状況が起こりやすいと言えるでしょう。

 

「どういうこと?」と思った方のためにも、以下にて解説していきたいと思います。

 

格安SEO対策の東京SEOメーカー

 

SEOの「正しさの基準」は変化する

かつて検索エンジンが生まれたばかりの頃、サイトの数は今よりも遥かに少なかったと言えるでしょう。

検索の仕組みも今よりずっと単純であったため、ちょっとしたコツさえ掴めば検索順位はすぐに上がっていたように思います。

 

そしてシンプルだからこそ、仕組みを悪用するのも簡単でした。

いわゆる「外部リンク」さえつけば順位が上昇するような状況だったこともあり、様々なスパム行為も生まれたのです。

 

 

なぜ “矛盾する方法” が推奨される?

SEOにおいて、明らかに矛盾する方法を推奨しているWEBサイト同士が存在する理由をご説明します。

 

まず1つめの理由として、昔は検索エンジンの仕組みがもっとシンプルで、スパム行為に対する基準も今より曖昧だったことがあげられます。

SEOについて解説しているサイトや本の中には、基準をアップデートすることなく、昔の検索エンジンの基準に基づいた古いテクニックを推奨しているものもあります。特に更新が止まっているサイト更新日が古い記事発行日が古い書籍等には注意が必要です。

また一見新しい記事や書籍等の中にも「【古い基準のままのサイトや本】を参考に書かれた記述」は存在します。参考資料が古いのですから、その内容が現在の状況に即しているとは言えませんね。

 

もう1つの理由としては、サイトによって有効なSEO対策が異なってくることが挙げられます。

今のGoogleには非常にたくさんのアルゴリズム(仕組み)が存在し、それが複雑に噛み合って検索順位を決定しています。ですからAというサイトの順位上昇に効果的だった対策が、そのままBというサイトに有効だとは限らないのです。

各サイトや狙うキーワード毎に状況は全く異なります。SEO対策を行う際は各サイトの状況を細かく分析し、適切な対策のみを注意深く行っていく必要があるのです。

 

 

「スパム行為」に要注意

かつてはSEOの王道テクニックと呼ばれたものであっても、現在ではGoogleによってスパム行為と認定されてしまう悪質なものが存在します。

まずスパム行為にはどのようなものがあるのか、例を見ていきましょう。

 

SEOにおけるスパム行為の例

 

現在では、無意識でも故意と判断されそうな行為は、スパム行為と判断されます

その状態だと、評価がダウンしたり、順位が無効になったり等のペナルティが科されてしまう可能性があります。検索順位を上げたくて対策しているのに、かえって順位を落としてしまっては意味がありません。

 

よってSEO(検索エンジン最適化)において、何がスパム行為にあたるか知ることスパム行為を行わないよう注意することは非常に大切だと言えるでしょう。

 

※もしスパム行為と判断された場合、無料で提供されているツール“Search Console”を設定している場合は、Googleより通知が送られます。心配な方は予めこの設定を行っておくことで対応しやすくなるはずです。

 

SEO対策のお申込みボタン

 

 

最新SEOの「正しさの基準」=Googleガイドライン

では、SEO対策における最新の「正しさの基準」は、どこを見ればよいのでしょうか?

それこそがGoogleガイドラインです。

 

 

検索エンジンにおいて、現在もっとも高いシェアを占めるのはGoogleです。

詳しくは上記のガイドラインを熟読していただければと思いますが、現在では適宜Googleが公表している“ガイドライン”を遵守し、ユーザーにとって有益となる“コンテンツの質向上”に努めることが最良の対策と言えます。

 

SEOの究極目的はコンテンツの質向上

国内での検索エンジンシェアNo1のGoogleは、「小手先のテクニックではなくコンテンツの質を高め、ユーザーに価値を提供することが重要」と、繰り返し提唱しています。

Googleでは、検索順位を決定するアルゴリズムを200以上定めているとされています。ただし現在公表されているのはその一部のみであり、具体的にその全てが公表されているわけではないため、推測の域を出ないものも存在しますが。

 

いずれにせよ、以前のようなキーワードをちりばめた、低品質のコンテンツはいまでは通用しないことは明らかです。

Googleにとっても、利用ユーザーにとっても、さらにサイトを運営している企業にとっても、有益となる(使ってもらう機会が多くなる)コンテンツを提供することが一番大事ということでしょう。いわゆる“ユーザー目線に立ったコンテンツ作成”を行う必要があるということです。

 

中でもSEOについて考慮すべきポイントをいくつか拾ってみます。

1つ目が、“検索ユーザーが快適に使用できるWebサイト”です。昨今の検索ユーザー使用端末として主流となるスマートフォンに対応されているか、ページの表示速度は快適か、といったユーザーにストレスを感じさせないことが重要です。

2つ目が、“検索エンジンの巡回を手助けする要素”を考慮しているか。XMLサイトマップを始めとした、検索エンジンのWebサイトの全体像を把握してもらうために対策しなければなりません。

3つ目に、“検索エンジンや訪問者にとって内容の理解を助ける要素”はどうか。alt属性(代替テキスト)やタイトルタグなどの使用で、読みやすいコンテンツを目指しましょう。

4つ目に、“信頼度を示す指標”。Googleは、質の高いコンテンツから集まる自然な被リンクを、“信頼度が高い”、“ 質が高い”と評価します。結局、「コンテンツの質」が最も重要な要素ということです。自社の得意分野で、ライバルとの差別化を図り、ユーザーとの関りを継続していくことが、大切ということです。

 

 

テキスト情報充実が大事

Googleは、テキスト情報を重要ととらえています。なぜでしょうか?

 

答えは簡単です。

テキスト情報は、ユーザーにとって利用しやすい傾向にあるからというのが理由になります。

 

例えば、画像等見られない視覚障害者の方でも、スクリーンリーダーというテキスト情報を読み上げるソフトを使用してもらえれば、テキスト付きの画像であれば、alt属性である程度イメージしてもらえます。

また、画像情報は、データ容量がテキストとは比べ物にならない位大きいので、ユーザー環境によっては、表示されるまでに時間がかかってしまい、ユーザーはいらいらしながら待っていなければいけません。

さらにテキストであれば、コピーも手軽でSNSやメールもサクサクと使え、これまたユーザー目線を大事にするGoogleにとっては、テキスト情報を重要視するのも当然と言えましょう。自然とGoogleの評価も高まるというものです。

つまり「基本的に情報をテキストで入れる」というのは、SEO(検索エンジン最適化)において考慮しておかなければいけないことのひとつ、となります。

 

ちなみに、Googleのクローラー(リンクを巡回してWebサイトの情報を集めるプロブラム)は、テキストに比べ画像自体を判別の基準に加えているケースはまだ少ないと言われています。極論をいえば、画像だけのサイトでは検索の土俵にも上がれない可能性があるということです。

Webサイトによっては、画像加工に熱心に取り組んでいるサイトも多いでしょう。それによりサイトの見た目が良くなったり、効果が出たりで満足しているのであれば問題ありません。

ですが先に言ったように検索エンジンには画像の内容を完全には伝えきれないため、SEOの観点から言えばテキストを上手に活用したほうがより効果は上がると言えましょう。

 

 

格安SEO対策の東京SEOメーカー

 

効果的なのは、ユーザーにとって有益なコンテンツ

SEO(検索エンジン最適化)を筋道立てて行っていけば、結果的には検索エンジンに評価されやすい「ユーザーとって有益なコンテンツ」を作ることこそが王道だ、という結論になるのではないでしょうか。

また既存のコンテンツも、掲載情報を活かして検索エンジンに評価されやすい形へと作り変えることで蘇るかもしれません。

では、具体的にどのようにコンテンツを作成していけば良いのでしょうか。

 

 

情報伝達の基本「5W1H」

よく言われるのが、コンテンツ作成に入る前に情報伝達でよく使われている「5W1H」という要素を考えておくことです。

「5W1H」とは、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どうした」という英語の 「When」「Where」「Who」「What」「Why」 という5つの「W」と「How」の頭文字をとったものです。

場合によってはさらに「How much」を加え「5W2H」としたほうが良い場合もあります。

この各要素に沿ってコンテンツをまとめていけば、漏れのない、有益なコンテンツが作成できるでしょう。

 

例えば、とある店舗の新製品についてのコンテンツなら、When(営業時間や発売日)、Where(店舗所在地)、Who(自社名)、What(商品導入のメリット)、Why(開発意図)、How(活用方法など)のような事項を見やすくまとめていきます。

さらに不足していると思う内容等あれば適切に追記していくことによって、コンテンツの充実も図られ、検索結果上位に上がりユーザーの利用も拡大する可能性があるはずです

 

ここで掲載の情報量に制限はありませんが、最近の携帯端末利用拡大に伴い、限られた範囲で表示すること(レスポンシブ)にも心掛けねばいけません。

その場合は、補足コンテンツを別ページに作成してリンクを張る、という手法もできます。それぞれの状況に合わせ、ケースバイケースで使い分けてみるのもいいでしょう。

 

 

コンテンツは読者層を考えて

SEO(検索エンジン最適化)を考慮しながらコンテンツを作成していく中で、専門知識を持つ書き手が陥りやすいのが、専門用語を使い過ぎて読み手に伝わらないという事態です。

 

例えば、専門用語の使い方。

業界内では常識とされるような言葉も、業界に不案内なユーザーにとっては、必ずしも“常識”ではありません。

ユーザーサイドの目線を考えてコンテンツ作成をする場合、解決策の例としてはこのような専門用語について簡単な説明文を挿入するか、別ページに用語集のようなものを作成し、リンクを張っておくという方法があります。この方法であればユーザーは必要に応じて適時参照でき、ユーザーから見れば、使いやすいサイトを判断され繰り返しの利用も見込まれます。

これは会話の基本である、“相手の気持ちを考えて”話すことに通じます。

 

また、ユーザーが一般的に欲しいと望む情報として、製品やサービスを購入したあとのアフターサービスやサポートについての質問があります。

この場合は、考えられる、FAQを掲載しておけば、ユーザーは助かり、利用しやすいサイトと判断してくれるかもしれません。

 

使い方のノウハウを提供することも同様です。

メーカーで保有するユーザーにとってためになると思われる情報を、“痒い所に手が届く”ような形で実現できれば、結果的に“検索結果上位へのランクアップ”も見込めるというものでしょう。

それが、Googleの求めることでもあるのではないでしょうか。

 

 

レイアウト修正はユーザーのため

SEO(検索エンジン最適化)では、しばしば「検索エンジンの評価を上げるために、HTMLやCSSを正しく記述しましょう」といわれることがあります。

確かにタグの記述が抜け、ページのレイアウトが崩れてしまった場合には表示順位に影響することはあるかもしれませんが、単純にHTMLの記述によって検索エンジンから優遇されたり、減点されたりするといったことは多少は気にしなくても問題ありません。

インターネット上に存在する多くのWebサイトには、構文エラーや記述ミスが少なからずありますが、Googleのクローラーは多少の構文エラーがあっても理解できるように作られています。

 

Googleが見ているのは、ユーザーにとっての「使いやすさ」や、「情報の品質の高さ」などです。

たとえWebサイト内の全ページのHTMLの記述を完璧にしても、順位にはまったくといっていいほど影響しません。ただしHTMLの記述の誤りが原因で、ページのレイアウトが崩れている場合には、順位に直援または間接的に影響することはあり得ます。

ユーザーにとってもレイアウトが崩れたページは使いにくいため、その場合は修正しましょう。

 

ページの作成や更新のあとには、必ず目視での確認を習慣化するようにしましょう。

確認する際はまず、主要なブラウザでの表示を確認します。

続いて異なるデバイスでの表示を確認。さらに、Googleにどのように認識されるかも確認しましょう。

 

 

 

なおアルゴリズムは時期により変動するため、適切となる対策はその時々によって、またサイト毎の状況に応じても変わります。

ぜひSEOのプロである弊社へご相談ください!

>>ご相談はこちら

 

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る