SEO業者を選ぶ際の注意

GoogleもSEO業者の選定には注意するよう言及しています。

というのも一部“非道徳的なSEO業者”が存在し、強引な宣伝と検索エンジンの検索結果を不正に操作する試みがあり業界の信用を損なってきたというような例があるのです。

 

Googleのガイドラインに違反するとサイトがペナルティを受ける可能性があります。場合によってはGoogleインデックスから削除され、検索エンジンの検索結果に表示されなくなることもあります。

詳しくはGoogle search consoleのヘルプページやウェブマスターフォーラム等を確認しましょう。

 

なお悪質なSEO業者には下記のような特徴があります。

 

  • シャドー ドメインを所有している・・・不正なリダイレクトを使ってユーザーを1つのサイトに集めるシャドードメインの作成を提案するSEO業者は要注意です。契約が終了するとお金を払って作ったシャドードメインが競合他社のドメインの外部リンクとなる場合もあります。
  • 誘導ページに他の顧客へのリンクもある場合・・・大量のキーワードを含んだ誘導ページは評価を低下させます。
  • アドレスバーへのキーワード入力プログラムの販売業者
  • PPC広告とSEOの違いを明確にしていない業者
  • 複合ワードやすぐに上位表示しやすい簡単なワードでのみ提案する業者
  • 複偽造された WHOIS情報を使用している業者
  • ペナルティを受けたドメインを所有している、または SEO業者のサイト自体が Google に登録されていない
  • リンクプログラム販売業者
  • Google で最上位に掲載されることを保証する業者
  • 作業を隠すSEO業者

 

悪質なSEO業者や詐欺サイトがあった場合には、 http://www.econsumer.gov/ へ報告すると良いでしょう。