【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOを制す!

アルゴリズムは非公開かつ日々進化し続けているため、
常に先端のアルゴリズムを追うことが重要です。
基礎を押さえた王道のSEO対策に弊社の技術を加えれば、
常に結果を出し続けられます。

コンテンツSEO

 

コンテンツSEOとは?

 

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOサイト内部にSEOに効果的で良質なコンテンツを増やし、同時に検索エンジンに最適化していく。これによりユーザーへの有益性が高まるだけではなく、検索順位の向上にも効果があるサイトにすることができる。
コンテンツマーケティングの一種。

 

きちんとコンテンツSEOに取り組んでいれば、
どんなにアルゴリズムが変わったとしても、
手元に“良質なコンテンツ”という財産が残ります。

 

Googleはコンテンツの質も順位付けの評価対象としていますから、
良質なコンテンツさえあれば、
アルゴリズムの変容に対応していくことは可能
なはずなのです。

また良質なコンテンツを継続的に作成していくことにより、
検索エンジンの順位も安定して上位表示されやすくなる
はずです。

 

こういった理由から現在では

コンテンツSEOは、SEO対策の王道

ともいわれています。

 

ユーザーに役に立つコンテンツを作ることこそが、
最後に勝つSEO対策なのです。

 

 

 

コンテンツマーケティングとは?

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング“ユーザーにとって価値があるコンテンツ”を提供し続けることにより収益につなげるというマーケティング戦略。既にアメリカ等ではほとんどの企業にこのマーケティング戦略が浸透しているともいわれている。

 

WEBサイトであればテキスト・画像・動画など全てがコンテンツであり、
それにはブログやソーシャルメディアも含まれます。

コンテンツマーケティングというのは、
適切で価値ある一貫したコンテンツを作って伝達することにフォーカスした
戦略的なマーケティングの考え方のことをさしているのです。

 

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOはよく混同されがちであり、
同じ意味だと勘違いされやすい言葉でもあります。

ですがこの2つの言葉の意味は違います。

コンテンツSEOは、あくまで
コンテンツマーケティング戦略の中の1つの手法にすぎないのです。

 

またコンテンツマーケティングとコンテンツSEOは
見込客の認知を獲得した後の対応という観点でも異なります。

コンテンツマーケティングでは
見込客がコンテンツと接触する度に徐々に購買プロセスに進みますが、
コンテンツSEOでは
それぞれの見込客(検索キーワード)に別々のコンテンツを用意し待つ形です。

 

コンテンツマーケティング

認知を獲得した後は、
資料ダウンロードやeメールでの情報提供など、
見込客自身に学習してもらうコンテンツを用意し収益へ繋げる。

コンテンツSEO

上位表示していくために、
キーワードへと最適化したWEBサイトおよび
ユーザーにとって良質なコンテンツを作っていくことをいう。

 

 

コンテンツSEO成功のポイント

 

Googleは、ユーザーにとって良質で有益なサイトを高く評価します。
良質で有益なコンテンツを作ることがメインの「コンテンツSEO」では、
その視点から考えつつ行うことが必要です。

ここではコンテンツSEOを行う上での大事なポイントを5個にまとめましたので、
参考にしていただければと思います。

コンテンツ作りは、頑張れば頑張った分だけ財産となるはずです。

 

 

1、役立つ情報かどうか?

ユーザーがあるキーワードを検索して1番上に来るサイトが一番欲しい情報をユーザーに届けられなくては、ユーザーはGoogleを使わなくなってしまいます。Googleは「すぐにほしい情報が手に入る検索エンジン」でありたいのです。検索結果表示の根本にはユーザー評価があります。よって、ユーザーが「本当に欲しい」と思う、価値のある情報を公開しましょう。現場でしかわからない生の声を取材したり、『お客様の声』『体験談』『よくある質問(Q&A)』などはコンテンツSEOではよく使われる企画です。

 

2、オリジナルコンテンツを作成

例え役に立つ情報でも、他サイトのリライトやコピーサイトとみなされるサイトは重複ページとしてペナルティの要因になります。あくまでもオリジナルのそのサイトでしか入手できない情報のコンテンツが望ましいのです。GoogleはパンダアップデートのアルゴリズムによりそういったWEBサイトを取り締まっています。オリジナリティのあるサイトが他社との差別化にもなります。

 

3、「1ページ」に「1キーワード+1000文字×3記事」

各ページごとに1つのキーワードを割り振り、「このページは、このキーワードで上位表示を目指そう」と決めましょう。「TOPページはビッグワードで上位を狙い、2階層目3階層目は複合ワードで狙う」といった戦略も有効です。各ページはそれぞれ別のキーワード1つずつで統一し文章を書きます。1つのキーワードを内包した文章を最低500文字は書きましょう。「1記事あたり1000文字×3記事」を、各々のキーワードで各ページに書ければ理想です。

 

4、WEBライティングを勉強し文章を構成

文章のライティングも勉強して技術を学べばある程度向上します。例えば、ロジカルに「総論、各論、結論」の骨子を作ってから書いたり、主語・述語に気を付けて書いたり、修飾語・被修飾語を分かりやすく書いたり、句読点の使い方に気を付けたり……そういった基礎的なことだけでもかなり違ってきます。文章のキャッチコピーも大事です。惹きつけられるキャッチコピーはそれだけでサイト流入を増やすこともあります。キャッチの長さも統一したほうがいいでしょう。大手メディアのキャッチはだいたい13文字で作られています。さらにターゲットを決めてライティングしたり、ロジカルに書いたりエモーショナルライティングにしたりなどのテクニックもあります。コンテンツSEOを行っていく上でも、ライティングスキルは磨いておいた方がいいでしょう。

 

5、検索上位のSEO業者のサイトを参考に

コンテンツSEOのやり方として、手っ取り早いのはSEO業者のサイトの記事アップ方法・記事作成方法を参考にすることです。 検索エンジンにて「SEO対策」と検索してみてください。多くのSEO業者がこのビッグワードでしのぎを削って順位争いをしています。中でも上位表示サイトをよく見て研究してください。上位サイトがほとんど同じ作りになっていて、思わずツッコんでしまうかもしれません。基本はキャッチ+写真+文章の構成で長文ページで作成されているはずです。(東京SEOメーカーも長文ですね!)
WEBサイトをワードプレス化してカスタム投稿タイプ&カスタムタクソノミー でカテゴリーごとの記事を追加していけば、各テーマ・各カテゴリごとに記事を増やしていけますので、コンテンツSEOにおいてはワードプレス化したサイトは適しているといえます。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

SEO対策のお申込みボタン