コンテンツマーケティング支援は依頼するべき?失敗しない選び方を解説

コンテンツマーケティング支援は依頼するべき?

コンテンツマーケティングは大きな効果を期待できるマーケティング手法ですが、しっかりと施策を立てないと思うような結果が出ないこともあります。自社ではうまくいかないと感じた時には、外注するという方法を検討してみてもいいでしょう。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、コンテンツマーケティングの代行における会社の選び方や注意点についてご紹介していきます。

 

コンテンツマーケティングの支援を検討すべきタイミングは?

 

社内でコンテンツマーケティングを運用できることが1番望ましいですが、代行会社に頼むことで成果を出すこともできます。では、どのような場合に支援を検討すべきなのでしょうか?

 

その1: 内部運用リソースが足りない

 

様々な事業を抱えている場合、全ての社員がマーケティングに時間を割くことはできません。例えば新しいプロジェクトを立ち上げた当初は多くの人が関わっていたとしても、時間が経つに連れて担当する人数は少なくなっていく可能性もあります。

 

そうするとコンテンツを作り続けるのが難しくなり、リソースが不足しマーケティングも十分に行えなくなってしまいます。また、コンテンツマーケティングに精通している人がいないと継続していくのは難しいでしょう。

 

その2: 内部運用ノウハウがない

 

もうひとつは、内部運用のノウハウがない場合です。そもそもどうやって運用していけばいいか、どのようなコンテンツを作ればいいのかなどの制作やマーケティングに関する知識がなければすぐに挫折してしまいます。

 

さらにコンテンツマーケティングは意味合いが広く、動画配信やセミナー、メールマガジンの配信もこれに含まれます。様々な手段を使ってアプローチできる一方で、それぞれに見合った知識を持っていないとどれも中途半端になってしまいうまく活用できないということもあるでしょう。

 

コンテンツマーケティング支援を外部に依頼するメリット

 

では、実際に外部に依頼することでどのようなメリットがあるのでしょうか?様々なメリットが期待できますが、ここでは主に3つを取り上げて詳しく解説していきます。

 

メリット1: 短期間で成果を出しやすくなる

 

まず、外注することで効率がよくなり社内でやるよりも短い期間で成果を出すことが期待できます。

 

コンテンツマーケティングは、結果が目に見えて分かるまでは少し時間がかかります。ユーザーや顧客から良い反応がもらえるかどうかはすぐには分からないので、戦略がうまくいってない場合でもすぐには気付きにくいのです。

 

そのため、外部の支援を利用し戦略に対する是非を判断してもらうことでより良い施策を実行することができます。もちろん結果が出るにはある程度の期間はかかりますが、依頼をすることで効率の良い方法で実践していくことができます。

 

メリット2:ノウハウを社内に蓄積することができる

 

コンテンツマーケティングを専門としている会社と一緒にやっていくことは、実践的なスキルを学べる機会でもあります。社内で制作している記事やコンテンツなどに対してアドバイスをもらったり、データを見るときのポイント、効果的な戦略の考え方などを学べます。

 

専門家と一緒に取り組むことで様々な知識をつけることができ、外部に頼らなくても対応できることが増えていくでしょう。また、学んだことを社内で共有することで別のプロジェクトや案件に活かすこともできるようになります。

 

メリット3:自社のリソースを抑えることができる

 

ひとつのコンテンツを作る過程では多くの人員が必要になりますが、他の業務と平行していることが多いため人手不足になりがちです。外部に支援をしてもらうことで社内のリソース不足の解決にも役立ちます。

 

さらに、動画配信やSNSの更新、メール配信にしても継続的に更新することが重要になってきます。アップデートが少ないとユーザーが離れていってしまう可能性が高く、顧客の獲得に繋がらないからです。全てではなくとも、一部の支援を依頼するだけでも担当者の負担を軽減することができ、マーケティング活動を継続することが可能になります。

 

コンテンツマーケティング支援を外部に依頼するデメリット

 

ここまではメリットについて紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。外部に依頼することを考える際には、メリットとデメリットを踏まえた上で慎重に検討するようにしましょう。

 

デメリット1: コストがかかる

 

1番ネックになるのはやはりコスト面でしょう。たとえば、記事の制作だけを依頼したいのか、それともメディア全体の運営をしてほしいのかなど、どこまで依頼するかによって費用はかなり違ってくるので、10万円以下で依頼できるものから数十万円かかる場合があります。

 

また、前述したようにコンテンツマーケティングは短期間で結果が出るものではありません。期間が伸びれば伸びるほどその分コストもかかってくることを頭に入れておきましょう。

 

外部には何をどこまでやってほしいのか、そして費用とそれに見合った業務内容であるかをしっかりと確認することが大切です。

 

デメリット2: 会社選びが難しい

 

もうひとつ重要なのが会社選びです。「費用が安いから」という理由などで適当に選んでしまうと求めていたものと違っていた、なんてこともあり得ます。それではせっかくかけた費用が無駄になってしまいます。良い結果が出るかどうかは会社選びによって大きく影響を受けると言っても良いでしょう。

 

会社としてどのような業務を依頼したいのか、それによって会社の選び方も変わってきます。コンテンツマーケティングを請け負っている会社にもそれぞれ得意としているジャンルや分野があるため、会社選びは慎重に行いましょう。

 

デメリット3: 一定のコミュニケーションが必要

 

社内のみで行う場合は自分達で全て決めることができますが、外注するとなると自分達の判断で全て業務を行えるとは限らないため、ある程度コミュニケーションが必要になってきます。

 

外部の担当者とのコミュニケーションがうまくいっていないと、誤解が生まれてしまったりプロジェクトがスムーズに進まなかったりする可能性もあります。

 

双方がストレスなく働けるようにするためにも、外部だけでなく社内の担当者のコミュニケーション力も大切です。そして、進捗状況を確認し合ったりフィードバックをもらったりと一定のやりとりは行うべきでしょう。

 

失敗しないコンテンツマーケティング支援会社の選び方

 

「外注したいけどどうやって選べばいいか分からない」という方も多いでしょう。依頼する会社を選ぶ時は、重視する点や目的を明確にしておけば選びやすくなります。そこで、迷った時に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

 

その1: 得意分野

 

コンテンツマーケティングには種類があり、メディアやSNS、動画といったものがあります。会社でオウンドメディアを持っていて記事のライティングを依頼したい場合はサイトの運用に強い会社を選ぶべきです。

 

また、今の時代はSNSアカウントを持っている企業も多いですが、どうしたら効果的に使えるのか分からないという会社も多いでしょう。SNSは使い方次第で多くの人にシェアされたり話題になり顧客の獲得に繋がる可能性も大いにあります。

 

さらに会社のPRのために動画を制作したりセミナーを配信したりするのもマーケティングのひとつです。外注するときは、各会社の得意とする分野をしっかり調べたうえで自社の求めているものと照らし合わせて選びましょう。

 

その2: 支援実績

 

どんなに下調べをしても実際に契約して一緒に働いていないと分からないことが多いのも事実ですが、依頼したい会社の実績をチェックするのもポイントです。何も実績がないよりは、経験豊富な会社の方がさまざまな事態に対応してくれるでしょう。

 

特に、自社がやりたい事業に関しての実績は必ず確認すべきです。その会社が過去にどんな案件を請け負ってどのような実績を残したのかは、会社選びを行う際の参考になります。もし可能であれば、公開されているコンテンツを見るのもおすすめです。

 

実績だけで選ぶというよりは、外注したい案件に関する過去の実績や予算を踏まえて検討すると会社選びの失敗のリスクを減らすことができます。

 

その3: 提案内容の明確性

 

依頼する側が改善したいコンテンツや、新しく始めたいジャンルを正確に汲み取った提案内容を示してくれるかも確認しましょう。曖昧な内容よりも、目標数値などを具体的に示してくれるとビジョンもイメージしやすくなります。

 

たとえば、会社によっては記事のライティングのみを請け負って、アクセス数やデータ解析までは対応してくれないところもあります。「集客を増やしたいから依頼したのにアドバイスがもらえない」ということになりかねないため、提案内容を確認するときは代行会社がどの範囲まで対応しているのか細かく確認しておくべきです。

 

解決したい問題に寄り添った提案をしてくれたり、柔軟に対応してくれるかという点も参考にすべきでしょう。

 

その4: 担当者との相性

 

働くにあたって大事なのが、担当者との相性です。今まで請け負ってきた案件や経験がプロジェクトに少なからず影響してくるため、会社全体の実績だけでなく担当者の実績にも目を通しておきましょう。

 

自社の要望や希望を汲み取り丁寧なコミュニケーションをしてくれるか、そしてレスポンスの速さは業務を進めていくうえで非常に大切なことです。担当者は外部の代行会社と依頼側を繋げる重要な役割となるため、一緒にうまく働けるかは契約前に判断しておきたいポイントとなります。

 

ただし、もし担当者が他の業務と並行している場合は1つの案件に長く時間を割くことができない可能性もあるため、注意する必要があります。

 

その5: コミュニケーションやコンテンツ制作のスピード感

 

もしライティングの依頼を外部にする場合、数日で納品してくれるところもあれば1、2週間後に納品されることもあり、それぞれの会社によって業務のスピード感はバラバラです。

 

できるだけ早く納品してもらいたいと思っていたのに制作が遅い会社だと、スケジュールに影響が出てしまうかもしれません。依頼する前にお互いのスケジュールを確認し合い、スピード感を共有しておいた方が良いでしょう。

 

また、プロジェクトの進行状況について情報を共有してくれた方がスムーズに業務が進みます。積極的に情報をシェアしてくれる会社であれば信頼できるうえにマーケティングについてのノウハウも学ぶことができます。

 

外部に依頼する際の注意点

 

外注を検討する際には、前もって確認しておくべき点がいくつかあります。依頼をする前にある程度準備をしておけば、代行会社を選ぶ際にも迷うことも少なくなるでしょう。これから紹介するポイントは社内でしっかりと共有しておくことをおすすめします。

 

その1: コンテンツマーケティングの種類を理解しておく

 

まず大切なのは、コンテンツマーケティングの種類について知っておくことです。記事コンテンツやSNS、LP、動画などオンライン上で行うものもあれば、オフラインでイベントやセミナーを開くこともコンテンツマーケティングのひとつです。

 

種類によって効果も違ってくる上に、選ぶ媒体でアプローチの仕方も変わってきます。外注する場合であってもそこを理解しておくことは大事です。

 

たとえば「集客を増やしたい」という目標でも、オウンドメディアを通じてなのか、それともSNSに力を入れて集客を得たいのかなど、どの種類のコンテンツを利用したいのかをイメージしておくと、依頼した際にやりとりがスムーズに行えるでしょう。

 

その2: 目的を明確にしておく

 

プロジェクトを始める前に明確にしておかなければならないのが目標です。目標がなければどこに向かっていいのかが曖昧になり、中途半端になってしまう可能性があります。

 

今あるコンテンツを改善したいなら既存顧客がターゲットのメインになりますが、もし新しいジャンルに取り組むのであれば新規顧客を獲得する必要があります。その場合は、最終的に顧客にどう行動してほしいのかを考えます。

 

アクセス数の増加を目指すのであれば、どの期間でどのくらい増やしたいのかをいう具体的な数値を決めておきます。目標が明確であればやるべきことがイメージできる上に、進捗中でもどこを改善し修正したらいいのかがハッキリするでしょう。

 

その3: 予算を決めておく

 

どこまで外部に委託するかで費用は変わりますが、大体の予算は決めておきましょう。プロジェクトの方向性は自社で決めたいのであれば制作だけ依頼することも可能です。

 

担当者と戦略から話し合ってアドバイスをもらいながら進めて行きたい場合は、コンサルティングも含めた費用を払うことになります。費用はその分高くなりますが、専門家の意見を多く取り入れることができ、しっかりしたサポートを期待できます。

 

目標や取り組みたいコンテンツだけでなく、予算も決めておけばそれに見合った代行会社を探しやすくなります。もちろん依頼する期間が長ければ長いほど費用もかかることも忘れてはいけません。

 

その4: 最低限の知識を身に着けておく

 

代行会社に依頼するからといって何の知識もないままでは、担当者とのやりとりもスムーズにいかない可能性も出てきます。そもそもコンテンツマーケティングとは何なのか、その種類や専門用語は最低限身につけておくべきです。

 

ライティングを依頼する場合でも、SEOに関する知識やライティングのルールは覚えておいて損はありません。SNSであれば「ハッシュタグ」にはどのような効果があるのかということは知っておいた方が良いでしょう。

 

また、コンテンツマーケティングは短期間ではなかなか成果が出るものではありません。そこを知っておかなければ短期間で結果を判断してしまうかもしれません。長期的な目線で根気強く続けていく必要があります。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】コンテンツマーケティングの支援を外部に依頼することは専門家から様々なノウハウを学ぶことができるだけでなく社内のリソースを削減できたりとメリットもある一方で、コストがかかるなどのデメリットもあります。社内の現状を把握し、プロに相談して改善していきたいのであれば外注するのもひとつの方法です。その際は、本記事で紹介した事前に決めておくべきことや会社選びのポイントなどが参考になるでしょう。また、どのコンテンツを制作するにしても、価値のある情報を発信するというコンテンツマーケティングの本質を忘れずに取り組むことが大切です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。